天然水ウォーターサーバー・宅配水ならシェアNo1のプレミアムウォーター【公式】

お水と疲労回復の話



忙しい毎日、倦怠感や体の疲れを感じることもきっとあることと思います。そこで今回は、お水と疲労回復の関係を専門医にお聞きしました。

【Q1】白湯を飲むと元気になるってホント?

白湯は体内に浸透しやすく腸にすばやく行き届くので、体を効率的に温めます。
体が温まると、血流や代謝がよくなり免疫力がアップしやすくなります。腸は第二の心臓ともいわれる大切な臓器。腸の働きが鈍ると老廃物をため込みやすくなるので、朝起きた時に白湯を一杯飲み、腸を活性化させるとよいでしょう。

【Q2】疲れをとるのに効果的なお水の飲み方は?

「1日に1.5L前後を6~8回に分けて飲む」。これがどの季節にも共通する飲み方です。起床時、就寝時と食事の前後でバランスよく取り入れていきましょう。ただし、夏場やスポーツ時など汗を大量にかいたときは、その分、追加で水分補給が必要になります。疲労回復には腸の状態を整えることがポイントなので、ノンカフェインの水分を取り入れていきましょう。

【Q3】熱中症予防の水分補給で気をつけることは?

熱中症予防には水分補給が欠かせません。ただし、冷えすぎた氷入りのお水を一気に飲むと、体に負担をかけてしまいます。5~15℃程度のお水をこまめに飲むようにしてください。汗をたくさんかいたあとは、塩分の補給も忘れずに。ただし、塩分に効果的な清涼飲料水でも、糖分の多いものもありますので注意しましょう。

【Q4】冷えや疲れには、炭酸水がいい?

炭酸水を飲むと、体内に二酸化炭素(CO2)が増えるので、体は酸素(O2)を体内たくさん取り込もうとします。酸素を取り入れるために、呼吸は深くなり、体内は活性化し血流が良くなります。その結果、体を温めることが期待できます。炭酸水を食前に飲むと、お腹が満たされ食欲が抑えられるので、ダイエット中の水分補給にもよいと言われています。

教えてくれたのは 黒田愛美先生

「中からと外からの美と健康」を信念に多方面で活躍するアスリート医師。
(自由が丘クリニック美容外科・美容皮膚科・美容内科)
東京女子医科大学を経て、都内美容クリニックで院長を務めた経歴を持つ。
現在は『中からと外からの美容と健康』を信念に、注入やスレッドリフト、レーザーなどを用いた外見へのアプローチと、予防医学や栄養学に基づく体の中へのアプローチの両面で「患者様の美と健康」を追求している。また、トライアスリート日本代表に選ばれたこともあり、2019年1月には文藝春秋より『アスリート医師が教える 最強のアンチエイジング食事術51 運動術26』を刊行した。


生活する上で欠かすことが出来ない「水」

それもそのはず、私たちの体の半分以上は水分で出来ています。


プレミアムウォーターなら・・・・・

・残留塩素や有害物質を含まない天然水なので、赤ちゃんの粉ミルク にも安心して使えます。

・モンドセレクション優秀品質金賞7年連続受賞。(2013~2019年)プレミアムウォーター (採水地:富士吉田)

・500mlのペットボトルを1ヶ月毎日買い続けるより約700円お得に飲むことが出来ます。※

・あなたのライフスタイルに合わせて、スマホでカンタン に配送日の確認・変更が出来ます。

暮らしを豊かにする天然水を引き続きお楽しみください!


  • ※持ち運び用のお水をプレミアムウォーターに切り替えた場合の試算
    ・500MLのペットボトルを100円とし、一か月(計15L)買った場合、3,000円
    ・プレミアム3年パックで、15L分使用した場合は、2,300円