天然水ウォーターサーバーはプレミアムウォーター【公式】

一人暮らしにウォーターサーバーはいらない?コスパやメリットを紹介

  • ツイートする
  • LINEで送る
ウォーターサーバーで一人暮らし

「ウォーターサーバーが気になるけど、一人暮らしなので導入を悩んでいる」という方もいるでしょう。しかし、一人暮らしの方がウォーターサーバーを設置すると、様々なメリットがあります。

そこで今回は、ウォーターサーバーを検討中の一人暮らしの方に、メリットや導入する際のポイントを紹介します。一人暮らしの方におすすめのプレミアムウォーターのウォーターサーバーも紹介するので、参考にしてみてください。

一人暮らしでもウォーターサーバーの導入が向いている方とは?

はじめに、一人暮らしの方がウォーターサーバーの導入を検討するときに気になるポイントについてみていきましょう。具体的には、次の2点です。

  • ウォーターサーバーの置き場所
  • ウォーターサーバーのコスパ

それぞれのポイントについて、以下で詳しく紹介します。

ウォーターサーバーの置き場所

一人暮らしのお部屋はスペースが限られるので、ウォーターサーバー本体やお水ボトル、空になったボトルの置き場所に困る場合があります。

一人暮らしでウォーターサーバーを導入するなら、スリムタイプや卓上タイプのウォーターサーバーがおすすめです。そのほか、空ボトルを保管する必要のない「ワンウェイタイプ」も適しています。

ウォーターサーバーにはボトルを再利用する「リターナブルタイプ」と、使い捨てボトルの「ワンウェイタイプ」の2種類があります。ワンウェイタイプなら空になったボトルをすぐに廃棄できるので、お部屋のスペースを圧迫しません。

ウォーターサーバーのコスパ

メーカーによって異なりますが、ウォーターサーバーを利用するとお水の代金以外に次のような費用がかかります。

  • 初期費用
  • サーバーレンタル料
  • メンテナンス料
  • 配送料
  • 電気代

ウォーターサーバーの導入にはどうしても費用がかかるので、実際にどのくらいの料金になるかは事前にサービス内容をよく確認しておきましょう。

コンビニで売っているお水とウォーターサーバーのお水のコスパを比較

コンビニでペットボトルのお水を購入する場合と、ウォーターサーバーを利用する場合の費用を確認してみましょう。いずれも500mℓ換算、プレミアムウォーターの各プランで比較しています。

コンビニのミネラルウォーター約110円(税込)
プレミアムウォーター:基本プラン約88円(税込)
プレミアムウォーター:ずっとPREMIUMプラン約82円(税込)
プレミアムウォーター:PREMIUM WATER MOM CLUB約68円(税込)

上記のとおり、コンビニでペットボトルのお水を買うよりも、プレミアムウォーターのウォーターサーバーを導入する方がコスパが良いことがわかります。

お水のコスパに加えて、ウォーターサーバーの置き場所やお水以外にかかるコスト、使い勝手、暮らしの質の向上(QOL)等を総合的に検討して、導入を検討してみてください。

一人暮らしでもウォーターサーバーの導入が向いている方とは?

ウォーターサーバーで一人暮らし

ここでは、一人暮らしでもウォーターサーバーの導入に向いているケースを、理由と併せて紹介していきます。

コンビニやスーパーでお水を買っている

先ほど紹介したとおり、コンビニでペットボトルのお水を購入するのはコスパが悪いです。また、スーパーでまとめ買いをすると持ち帰りが大変ですが、ウォーターサーバーなら自宅までお水を配送してくれます。

ただし、ネットで安いお水をまとめて購入する場合は、ウォーターサーバーよりもコスパが良いケースもあります。何を重視するのかをよく考えて、導入を検討してみてください。

テレワークをしている

コロナ禍で在宅勤務が増えた方も多いでしょう。自宅で過ごす時間が長い場合、おいしいお水が手軽に飲めるウォーターサーバーが便利です。お湯がすぐに使えるので、お茶やコーヒー、スープ等のインスタント食品もストレスなく準備できて時短にもなります。

テレワークが多い方はお水の定期配送も受け取りやすく、常にお水を飲めるようになるので日々の生活の中で意識的に水分補給ができるようになるのもメリットです。

お水や白湯を飲む習慣がある

ウォーターサーバーのお水は味にこだわっていて安全なので、お水や白湯を多く飲む方には特におすすめです。

また、ウォーターサーバーがあれば、冷水を飲むためにペットボトルのお水を常に冷蔵庫にストックしておくことや、氷を作っておく必要もありません。白湯を飲む度に電気ケトルやポットでお湯を沸かす手間も不要です。

災害対策を考えている

ウォーターサーバーのお水は、災害時のための備蓄水にもなります。サーバーの種類によっては停電時でも出水できるので安心です。

普段からウォーターサーバーのお水を飲んで、ローリングストックしておきましょう。ローリングストックとは、非常食や備蓄水を消費しながら買い足してストックしておくことです。

ペットボトルのゴミを減らしたい

一般的なウォーターサーバーのお水ボトルは、1本12ℓです。市販のペットボトルに換算すると500mℓで24本分、2ℓで6本分になるため、ウォーターサーバーを利用するとペットボトルゴミの大幅な削減になります。

プレミアムウォーターでは従来より20%軽量化したお水ボトルを使用していて、コンビニ等で流通している飲料のペットボトルよりもプラスチック使用量が少量です。

  • 参考:プレミアムウォーターの実績

手軽に冷水・温水を使いたい

お水や白湯として飲む以外にも、インスタントのお茶やコーヒーを飲んだり、料理に使ったりするときにも便利です。お湯を沸かす手間がかからず、時短になります。
ウォーターサーバーによっては常温水が使えるタイプのものもあるので、冷たいお水を飲むのを控えているという方も便利に使えます。

一人暮らしでウォーターサーバーを選ぶ6つの重要ポイント

ウォーターサーバーで一人暮らし

ここでは、一人暮らしでウォーターサーバーを選ぶときの6つの重要ポイントをみていきましょう。

お水の種類を選ぶ

ウォーターサーバーのお水は「天然水」と「RO水」の大きく2種類に分けられます。 RO水とは、RO膜という特殊なフィルターで不純物やミネラル等を極限まで取り除いたお水のことです。ピュアウォーターや純粋と呼ばれています。これに対し、天然水は汲み上げた地下水にろ過や加熱処理をおこなったもので、天然のミネラル成分を含んでいます。

なおプレミアムウォーターでは、おいしさに特にこだわった天然水をお届けするため、一般的な加熱処理ではなく「非加熱処理」をおこなっています。そのため、まろやかな口当たりの天然水であることが特徴です。

お水ボトルの種類を選ぶ

ウォーターサーバーのお水ボトルには、使い捨てのワンウェイタイプと、使い終わったボトルを回収するリターナブルタイプがあります。より便利なのは、ワンウェイタイプのお水ボトルです。

ワンウェイタイプならボトルを家庭ゴミやリサイクルゴミとして処分できるため、返却の手間もスペースの確保も必要ありません。

お水ボトルの種類と併せて、ボトル交換についても確認しておきましょう。一般的なボトルは12ℓで、基本的には女性一人でも無理なく交換できます。もし一人で交換するのが難しいという方は、お水ボトルを上部まで持ち上げる必要がない、下置きタイプのウォーターサーバーを検討してください。

ランニングコストを確認する

お水代に加え、サーバーレンタル料や配送料といったランニングコストも確認しておきましょう。各種料金はメーカーによって異なるため、契約前にしっかり確認することが大切です。

例えば、プレミアムウォーターの「ずっとPREMIUMプラン」でレンタル費用無料のウォーターサーバーを選べば、お水と電気代以外のランニングコストは無料(一部地域を除く)です。

ノルマの有無を確認する

一人暮らしでウォーターサーバーを利用するときに気になるのが、お水を消費できるかどうかではないでしょうか。

お水の消費ノルマが気になるという方は、ノルマのないメーカーや配送スケジュールを変更できるメーカーを選ぶのがおすすめです。ただし、配送をスキップしてもサーバーのレンタル料や月額料金が発生するケースもあるため、条件は事前に確認しておきましょう。 なおプレミアムウォーターの場合は、前回の配送日から59日後までは無料でお水の配送を休止できます。

また、別の角度から見ると、人間は飲用水として毎日1日に約1.2ℓのお水を摂取すべきとされています。 厚生労働省の「健康のため水を飲もう」推進運動でも、現代では水分補給が不足している方が多いとされていて、平均コップのお水をあと2杯飲めば、必要な水分量となるといわれています。※

毎日コップ1杯(約200㎖)のお水を朝夜に飲むだけで、1か月で12ℓになりますので、ノルマを意識して飲むというより、水分不足のためにこまめな水分補給を心がけるのがおすすめです。

ウォーターサーバーのタイプを選ぶ

ウォーターサーバーは大小様々なデザインのものがあります。 事前に設置スペースを決め、スペースに合わせたサイズのサーバーを選びましょう。一人暮らしのお部屋にはスリムタイプや卓上タイプがおすすめです。

プレミアムウォーターではiPhoneやiPadで気軽に試し置きが体験できるARサービスがあるので、活用してみてください。

一人暮らしに人気!プレミアムウォーターでおすすめウォーターサーバー

ウォーターサーバーで一人暮らし

最後に、プレミアムウォーターのサーバーの中から、一人暮らしにおすすめのものを2つ紹介します。

スリムサーバーⅢ(ロング・ショートタイプ)

名前のとおりスリムさが特徴の「スリムサーバーⅢ」は、横幅270㎜と一人暮らしのお部屋でも場所を取らずに設置できます。卓上に設置したい場合はショートタイプを選びましょう。

光センサーで稼働するエコモードを搭載していて、使用頻度が就寝時や外出時等、お部屋の暗さを感知して温水タンクの電源を自動でオフに切り替えます。特にロングタイプはエコモード使用で、1日約17円〜と電気代を節約することが可能です。

cado×PREMIUM WATERウォーターサーバー

「cado×PREMIUM WATERウォーターサーバー」は下置きスタイルのウォーターサーバーです。交換時にお水ボトルを持ち上げる必要がなく、力がない女性でも楽に交換ができます。

また、エコモードや加熱クリーンシステム、再加熱モード等の機能が満載。それらの機能はタッチパネルで操作が可能です。スタイリッシュで華やかなデザインなので、おしゃれなインテリアにこだわったお部屋の方におすすめです。

ウォーターサーバーで生活の質(QOL)をアップさせよう

ウォーターサーバーで一人暮らし

「テレワークをしている」「お水や白湯をよく飲む」等、本記事で紹介したおすすめのケースに当てはまる人は、ウォーターサーバーの導入を検討してみてください。導入前には、ランニングコストやノルマ等、細かい条件を確認しておきましょう。

毎日お水をこまめに飲むことで、健康につながって人生の質が向上したり、インスタント飲料や料理で手軽にお湯が使えて生活の質が向上したり、QOLのアップが期待できます。

また、おしゃれなウォーターサーバーを選んでインテリアのポイントとするのもおすすめです。プレミアムウォーターでは一人暮らしにおすすめのスリムでおしゃれなウォーターサーバーを取り扱っているので、ぜひチェックしてみてください。

ウォーターサーバーを選ぶ

あわせて読みたい「暮らしと天然水」に関する記事

参考文献

  • ツイートする
  • LINEで送る

シェアNo.1の天然水ウォーターサーバーは「プレミアムウォーター」

豊富なデザインで業界シェアNo.1のプレミアムウォーターでは、非加熱のこだわりの天然水をご自宅にお届けいたします。