天然水ウォーターサーバーはプレミアムウォーター【公式】

ウォーターサーバーとペットボトルのミネラルウォーターのお水はどっちがおすすめ?

  • ツイートする
  • LINEで送る

諸外国に比べてお水が豊富な日本では、水道水も十分飲用可能です。しかし、お水にこだわる方や災害時の備蓄水が欲しい方は、ウォーターサーバーを導入したり、ペットボトルのミネラルウォーターを購入したりしています。

お水を選ぶとき、よく耳にするのは「ウォーターサーバーとペットボトルのどちらのお水を選ぶといいの?」という疑問です。

今回は、ウォーターサーバーとペットボトルのミネラルウォーターそれぞれの特徴についてメリット・デメリットを交えつつ紹介します。

ウォーターサーバーとペットボトルのお水の種類

ミネラルウォーターの種類

ウォーターサーバーとペットボトルのお水には共にミネラルウォーター類が使用されています。ここでは「ミネラルウォーター類(容器入り飲用水)の品質表示ガイドライン」(厚生労働省)に基づき、ミネラルウォーターを4種類に分けて解説します。※1

①ナチュラルミネラルウォーター

ナチュラルミネラルウォーターは、自然のミネラル成分が溶け込んだ特定の水源の地下水を原水としています。この原水は沈殿・ろ過・加熱殺菌以外の物理的・科学的処理をおこなっていません。
なお、プレミアムウォーターに使用されているお水はナチュラルミネラルウォーターです。

②ナチュラルウォーター

特定の水源の地下から採水し、沈殿・ろ過・加熱殺菌以外の処理をしていないお水をナチュラルウォーターと呼びます。この3つ以外の処理をしたお水はナチュラルウォーターの定義から外れることとなります。また、ナチュラルミネラルウォーターと採水方法や処理方法は共通しているものの、含まれるミネラルが少ないのが特徴です。

③ミネラルウォーター

地下から採水したお水に沈殿・ろ過・加熱殺菌、オゾン殺菌・紫外線殺菌、ミネラル成分調整、他水源のお水とのブレンド等の加工を施したのがミネラルウォーターです。
ペットボトルのお水の多くにはミネラルウォーターが使用されています。

④ボトルドウォーター

①~③以外のお水がボトルドウォーターです。河川の水や純水、水道水に加え、人工的にミネラル成分を加えたRO水もボトルドウォーターに分類されます。

ウォーターサーバーのお水は天然水とRO水

ウォーターサーバーとペットボトルのお水はどちらもミネラルウォーター類に分類され、それぞれさらに種類が分かれています。

そして、ウォーターサーバーのお水の種類は大きく分けて天然水とRO水の2つです。天然水は特定の水源から採水され、地中でミネラルが溶解した地下水を原水としています。それに対し、RO水は純水(不純物を取り除いたお水)にミネラル成分を添加して人工的に作られています。

ウォーターサーバーとペットボトルの比較

それでは、ウォーターサーバーとペットボトルを比べてみましょう。ここからは、それぞれのメリット・デメリットを紹介します。

ウォーターサーバーのメリット

  • 温水と冷水が必要なときすぐに使えて便利
  • 定期配送で買いに行く必要がない
  • 安心安全への取り組みがされている
  • 災害対策の備蓄水としても使える

ウォーターサーバーの一番のメリットは温水や冷水を手軽に利用できるため、日々の生活の時短になります。

ウォーターサーバーのデメリット

  • 電気代等ランニングコストがかかる
  • ボトルから直接飲むのは難しいため、専用のサーバーが必要になる
  • 外出時に持ち歩きたい場合は水筒に入れる等の工夫が必要になる
  • ボトル交換時に重いと感じる人もいる

ウォーターサーバーは家電のため、コンセントが必要です。導入前に設置場所を検討しましょう。

ペットボトルのメリット

  • 好きなタイミングで好きな種類のお水を買える
  • 小さなサイズのペットボトルならボトルから直接飲むことができる
  • 小さなサイズのペットボトルなら持ち運びに便利
  • アウトドア等でも利用しやすい

ペットボトルの最大のメリットは、コンビニや自動販売機等で、必要なときにいつでも入手できることです。

ペットボトルのデメリット

  • 冷蔵庫内で置き場所を取る
  • 買い置きのチェックとこまめな買い足しが必要
  • 店舗でまとめて購入した場合、持ち運びが大変
  • 大きいボトルの場合、人によってはコップなどに注ぎにくいことも

ペットボトルの最大のデメリットは、複数本冷やしておきたい場合には冷蔵庫内で場所を取ってしまうことと言えるでしょう。

ペットボトルと比較してウォーターサーバーがおすすめの理由

ウォーターサーバーとペットボトルのお水にはそれぞれメリットがありますが、ミネラルウォーターを常備したい方には特にウォーターサーバーがおすすめです。
その理由をポイント別に解説します。

①利便性に優れている

まずあげられるのは利便性に優れているという点です。

ウォーターサーバーは冷水、温水の両方をすぐに使えるのが特徴です。例えば、出勤前等の朝の忙しい時間帯でもコーヒーやお茶を時短で入れられます。冷たいお水が欲しいときでもあらかじめ冷やしておく・氷を作る等の手間や時間がかかりません。

また、外出先でお水やお茶を買いたくない場合にもウォーターサーバーは便利です。水筒等、持ち歩き用の容器に手軽に入れられます。
さらに、ウォーターサーバーの多くはボトルが定期配送されるため、重くて持ち歩きが大変なお水を買い足す必要がないのも利点です。

②安全性が高い

お水の安全性が気になる人にもウォーターサーバーはおすすめです。

ウォーターサーバーのお水の安全性は、各メーカーそれぞれがこだわりを持って管理しています。例えば、プレミアムウォーターでは毎日の定期的な水質検査・月に1回の放射性物質検査がおこなわれています。放射性物質の検査結果は公式Webサイトで公開され、利用者がいつでもチェックできます。
また、使用されるボトルは密閉度が高く、開封後も外からの空気も入りにくい衛生的な構造です。

一方、ペットボトル飲料は容器内に雑菌の繁殖が心配されるため、開栓後は早めに飲み切る必要があります。※2

③味・品質が良い

ペットボトルで販売されているミネラルウォーターの多くは、品質を安定させるために加熱殺菌やミネラル成分調整、他水源のお水とのブレンドがおこなわれています。

ウォーターサーバーのお水は各メーカーがそれぞれ味や品質にこだわっていることが特徴です。特に、ナチュラルミネラルウォーターを採用するプレミアムウォーターのウォーターサーバーなら天然水本来のおいしさが楽しめます。

例えば、プレミアムウォーターで使用している非加熱処理のお水は、口当たりの良さやまろやかさが特徴です。
プレミアムウォーターの天然水は、モンドセレクションの独立専門家審査員グループによって厳正に審査されています。その結果、高品質であることを認定され、2022年モンドセレクションにて、優秀品質最高金賞・優秀品質金賞を受賞しています。

  • ※優秀品質最高金賞:北アルプス・吉野・朝来
  • ※優秀品質金賞:富士吉田・富士・金城・南阿蘇(採水地:岐阜北方を除く)

④災害対策になる

ウォーターサーバーは災害時の備えとしても役立ちます。農林水産省による「災害時に備えた食品ストックガイド」では、ライフラインの復旧は地域によって差があるものの、最低3日~1週間×人数分の備蓄があると良いとされています。

特に飲料水や調理用水で1人1日3ℓ程度のお水が必要としています。例えば大人2人の世帯では、2ℓペットボトル6本入りを4箱ストックすることが望ましいとされているので、お水の量は人数によって調整しましょう。そして、なるべく多めに備蓄しておくことが推奨されています。※3

また、プレミアムウォーターのお水は未開封なら製造から6か月保存できます。そのため、古いストック分から消費し、新しく届いた分を保管するローリングストックなら無駄なく使うことができておすすめです。

ペットボトルと比較してウォーターサーバーがおすすめの理由

ウォーターサーバーは、ライフスタイルの変化にも寄り添ってくれる頼れる存在です。最後に、ウォーターサーバーがどのように活躍するのかライフステージごとに紹介します。

1~2人暮らし

ウォーターサーバーは1~2人の少人数世帯にもおすすめです。美容・健康のために飲料水をランクアップしたい方や料理に使うお水にこだわりたい方は、ペットボトルよりも手軽に使えるウォーターサーバーが役立ちます。

例えば、昆布や鰹節を一晩お水につける「水だし」もウォーターサーバーのお水でよりおいしく作ってみましょう。飲料用だけでなく生活の様々な場面でおいしいお水が使えるのもウォーターサーバーのメリットです。

3人暮らし以上

家族が増えたときにもウォーターサーバーは役立ちます。
プレミアムウォーターのウォーターサーバーなら温水が約80~87℃で保たれているため、70度以上のお湯で作る赤ちゃんのミルク作りにも便利です。※4

世帯人数に比例してお水の消費量が増えても、お水のボトルが定期配送されるウォーターサーバーなら買い出しの手間がなくて済みます。冷蔵庫内のスペースを圧迫することなく、いつでも冷たい天然水が飲めるのも大きなメリットです。

オフィス

内勤の人が多いオフィスでウォーターサーバーを導入している企業も増えています。社員や来客時にも手軽にお水やお茶を提供できるだけでなく、SDGsや脱炭素への取り組みという点でも注目を浴びています。

ウォーターサーバーを導入することで個人のペットボトルの消費が抑えられるため、廃プラの削減につながるというのが主な理由です。便利なだけでなく環境問題にも貢献できるウォーターサーバーは、家庭から企業まで広く活躍しています。

ウォーターサーバーを選ぶ

参考文献

  • ※1 飲料としての水の選好の現状と要因(金山翼・藤倉まなみ/2018年)
  • ※2 日本市場におけるミネラルウォーターの製品比較、販売戦略の考察(長谷川美鈴・遠藤正之/2018年)
  • ※3 平成30年(5月から9月)の熱中症による救急搬送状況(総務省/2018年)
  • ※4 政府広報オンライン 災害時に命を守る一人一人の防災対策(内閣府/2016年)
  • ※5 「授乳・離乳の支援ガイド」改定に関する研究会(厚生労働省/2019年)
  • ツイートする
  • LINEで送る

シェアNo.1の天然水ウォーターサーバーは「プレミアムウォーター」

豊富なデザインで業界シェアNo.1のプレミアムウォーターでは、非加熱のこだわりの天然水をご自宅にお届けいたします。