天然水ウォーターサーバー・宅配水ならシェアNo1のプレミアムウォーター【公式】

ウォーターサーバーがペットボトルよりもおすすめな5つのメリットとは?

世界的にみて、お水が豊富な日本ですが、近年では水道水をそのまま飲むという人は徐々に少なくなっています。※1
水道水を飲まない人がどのようなお水を使っているのかと言うと、浄水器を利用していたり、ウォーターサーバーのお水やペットボトルのお水だったりと、人それぞれです。

特に東日本大震災から水に対する備蓄意識が高まり、さらに健康志向が高まっていることから、ミネラルウォーターの需要は増え、お水を購入するという文化が定着しつつあります。※2
自分もお水を買いたいけど、どれを選んだらいいのかわからない……という疑問は、皆さん考えることだと思います。

ミネラルウォーターを飲む手段として、ウォーターサーバーとペットボトル、どちらがいいのでしょう。その答えは、あなたのライフスタイルにあります。
それぞれのメリット・デメリットをふまえつつ、ライフスタイルに合わせて紹介します。 今回はどのようにウォーターサーバーがあなたの生活に寄り添う存在かをお伝えします。

ペットボトルよりウォーターサーバーがおすすめな理由とは?

お水を買うとなると、ウォーターサーバーを導入することやペットボトルを購入することが頭に浮かぶと思います。
どういう場合にウォーターサーバーが便利なのか5つの面からウォーターサーバーのメリットを確認してみましょう。

1、利便性

ウォーターサーバーは冷水、温水の両方がすぐに使えます。
出勤前のどうしても忙しい時間帯や仕事や家事に疲れたときに、さっとコーヒーやお茶、スープなどを飲むことができます。冷やしたり温めたりという時間を使わずに、すぐに飲めるのが最大の魅力です。

ペットボトルだと温かいものを飲むには、コップに入れて電子レンジで温めるか、お湯を沸かさなくてはならないので、そういったひと手間が面倒な人はおすすめです。

また、定期配送のため、お店から重いお水を持って帰る必要がなく、買い忘れもなくなります。

2、安全性

ウォーターサーバーの安全性に関して、プレミアムウォーターでは毎日1時間ごとの水質検査や月に1回の放射能検査がおこなわれており、放射性物質についての検査結果はWebサイトで公開しています。また、密封度の高いボトルで開封後も外からの空気も入りにくい衛生的な構造です。

反対にペットボトルですが、メーカーによっては水質や放射性物質についての検査結果が発表されていません。また、開封後は雑菌が発生しやすくなるため、なるべく早く飲み切る必要があります。

3、外出時

日本では熱中症患者が増加し、毎年問題となっています。※3
ウォーターサーバーの冷水を保冷できる水筒に入れ、塩飴を持ち歩くことで、熱中症予防にもつながります。
もちろんペットボトルはコンビニや自動販売機等で好きな時に購入できるメリットがありますが、温度維持ができない等のデメリットもあります。

4、味・品質

ペットボトルで販売されている多くのミネラルウォーターは、品質を安定させたりするために加熱殺菌や、ミネラル成分調整・ブレンド等の処理をおこなっています。 プレミアムウォーターの天然水は、溶存酸素が減少しない「非加熱処理」をおこなっているため、天然水本来の口当たりの良さ、まろやかさが際立ちます。

そのため採水地:富士吉田のお水はInternational Taste Institute(国際味覚審査機構)2020において「優秀味覚賞2つ星」、モンドセレクション2020にて「優秀品質金賞」を受賞しています。

5、備蓄水

1人分の生活に必要なお水は1日3ℓが目安です。もしものときのためにお水を備蓄しておきましょう。農林水産省が出している「緊急時に備えた家庭用食料品備蓄ガイド」では最低で3日間、できれば1週間分ほどの家庭での食料品の備蓄をすることが望まれています。※4

ウォーターサーバーでもペットボトルでも備蓄をすることができますが、ウォーターサーバーであればボトルの容量も大きく、慌ててコンビニやスーパーにお水を買いに行く必要はなくなるため、心に余裕を持つことができます。
ウォーターサーバーのボトルから直接飲むことは大変ですが、もしものときのために「非常用キット」の準備もお忘れなく。

各世帯でウォーターサーバーが支持される理由

お住まいの人数に合わせておすすめの使い分けを紹介します。

1人暮らし

手間をなくしたい人には、特にウォーターサーバーがおすすめです。温水がすぐに使えるので忙しい朝の時間も簡単にコーヒー等が飲めます。また、お米を炊いたり、煮込み料理に使ったりと、料理にこだわっている人は、お水にもこだわってみるのも良いかもしれません。

2人暮らし

コップ1杯(約200㎖)を朝と夜に飲むだけで、実にひと月で24ℓ人もの消費量になります。また、毎日の食事の支度で使うだしを取って保存しておけば、普段の生活も便利になります。
詳しくは「鰹節や昆布の”水だし”?! 簡単でおいしいだしの取り方紹介」を合わせてご覧ください。

3人暮らし(子ども1人)

生まれたばかりの赤ちゃんは内臓器官が未発達のため、ミネラルウォーターの中でも軟水を与えましょう。※5
ウォーターサーバーは温水がすぐに使えるので、ミルクや離乳食作りの手間が減ります。
詳しくは「ウォーターサーバーのお水は赤ちゃんに与えても大丈夫? そんな疑問にお答えします!」を合わせてご覧ください。
また、子どもにお水を飲む習慣をつけるために利用されている人もいらっしゃいます。

4人暮らし以上

お水の消費量が増えるため、重いお水を買いに行くこともなく、定期配送で自宅まで届けてくれて便利です。
また、冷蔵庫でペットボトルを冷やすとスペースがすぐになくなってしまいます。しかし、ウォーターサーバーなら冷蔵庫を圧迫することなく、冷たい天然水を飲むことができます。

オフィス

内勤の人が多いオフィスでは、ウォーターサーバーを導入している企業も増えています。
お客様を迎えるときにも、さっとお茶やコーヒーを出すことができて、買いに行ったりお湯を沸かしたりする手間が省けて仕事の効率もよくなります。
環境を意識する会社では、各個人のペットボトル消費を抑える目的でウォーターサーバーを導入されるケースもあります。

あなたのライフスタイルに寄り添うウォーターサーバー

ライフスタイルと生活の中で重視する点によって、ウォーターサーバーのメリット・デメリットは異なります。

【ウォーターサーバーのメリット】

・温水、冷水がすぐに使える
・定期配送で買いに行く必要がない
・安心安全が保証されている
・備蓄用としても使える

【ウォーターサーバーのデメリット】

・ボトルから直接飲むのは難しい
・ボトルを交換する必要がある
・外出時に水筒に入れる等の工夫が必要
・ボトルが重いと感じる人もいる

あなたのライフスタイルに合ったミネラルウォーターを選ぶ参考になりましたでしょうか。ミネラルウォーターを飲む習慣をつけることは、私たちの身体にとても大事なことなので、ぜひ検討してみてください。

ウォーターサーバーを選ぶ

参考文献

  • ※1 飲料としての水の選好の現状と要因(金山翼・藤倉まなみ/2018年)
  • ※2 日本市場におけるミネラルウォーターの製品比較、販売戦略の考察(長谷川美鈴・遠藤正之/2018年)
  • ※3 平成30年(5月から9月)の熱中症による救急搬送状況(総務省/2018年)
  • ※4 政府広報オンライン 災害時に命を守る一人一人の防災対策(内閣府/2016年)
  • ※5 「授乳・離乳の支援ガイド」改定に関する研究会(厚生労働省/2019年)

アンジャッシュ児嶋一哉さん出演!CM動画はご覧になりましたか?

プレミアムウォーターの魅力を日常の中の一コマで描く、家族想いの児嶋パパが垣間見える全12話の新CMを公開中です。