天然水ウォーターサーバーはプレミアムウォーター【公式】

ウォーターサーバーのメンテナンスは不要!

プレミアムウォーターのウォーターサーバーは、定期的な専門メンテナンスは必要なく、お客様の日々のお手入れだけで安全にご利用いただけます。

お手入れ箇所と頻度
※スリムサーバーIIIの場合

1週間ごと

冷水・温水コック出水口

冷水・温水コック出水口

クリーンキャップ(コックの先端の透明なパーツ)は、回すと外すことができます。
水道水等で洗い流して再度取り付けてください。ずれや隙間が無いよう、しっかりと取り付けを確認してください。

冷水・温水コック周辺

冷水・温水コック周辺

清潔なふきんやキッチンペーパー等を少し濡らして汚れを拭き取ってください。 汚れがひどい場合は、市販のアルコール系衛生剤で清掃してください。 水漏れや火傷の原因となりますので、レバーのぐらつきやチャイルドロックボタンに異常がないかご確認ください。

水受け皿

水受け皿

水受け皿本体は手前方向に引けば簡単に取り外すことができ、水受け皿のフタも取り外しができます。中性洗剤で洗浄し、よくすすいでください。
戻す際は隙間が無いようにしっかり設置したことをご確認ください。

ボトル交換ごと

ボトル差込口(受水棒)周辺

ボトル差込口(受水棒)周辺

ボトル差込口(受水棒)や、くぼみ部分、周辺を清掃してください。 ボトル差込口周辺に水が溜まっていたら、必ず清潔なふきん等で拭き取ってください。
清掃後、空気中の異物が入り込む可能性がございますので、すぐに新しいボトルをセットしてください。

※万が一、セットするボトルが何もなくなってしまった場合は、ボトル差込口に異物が入り込まないようにラップ等で覆ってください。

1か月ごと

本体

本体

清潔なふきんや乾いたタオル等で汚れを拭き取ってください。また、水を含ませたスポンジや柔らかい布をよく絞り、拭いてください。汚れがひどい場合は中性洗剤で洗浄し、洗剤が残らないよう、よく拭き取ってください。

背面部分

背面部分

付着した綿ボコリ等を掃除機で吸い取った後、水を含ませた柔らかい布等をよく絞り、拭いてください。高温による火傷防止のため、コンセントから電源プラグを抜き、しばらくしてから清掃をおこなってください。

【動画で見る】
ウォーターサーバーのお手入れ方法

※ スリムサーバーⅢの場合

各ウォーターサーバーごとの詳しいお手入れ方法は、取扱説明書またはチャットボットに「お手入れの方法」と入力し、ご確認ください。

お手入れの重要性

お手入れすることで3年以上利用しても清潔

実際に3~4年使用しているプレミアムウォーターのウォーターサーバーを検査した結果、真菌(カビ)の発生はありませんでした(※)。

スリムサーバーⅢ

冷水タンク内部
(3〜4年使用)

amadanaスタンダードサーバー

冷水タンク内部
(3〜4年使用)

※写真をタップすると拡大表示できます
※平板法1mLによる当社検査結果
※使用環境により状態は異なります

このように、長期間使用していてもウォーターサーバーの冷水タンク内部の衛生面は問題ありません。
ただ、せっかくウォーターサーバーの内部が衛生的に保たれていても、出水口等に水垢や汚れが付着したままでは、不衛生な状態になってしまいます。
おいしく安全なお水を飲むためには、日頃からの定期的なお手入れでウォーターサーバーを清潔に保つことがとても大切です。
※天然水のため水に含まれているミネラルが結晶となり、タンク内に付着したものが白い異物として出水されることはありますが、体に害はございませんので安心してお飲みください。

クリーニング商品のご紹介

普段の定期的なお手入れだけでも衛生的にご利用可能ですが、それでも心配な方のために、クリーニング商品・サービスをご用意しております。

ウォーターサーバーの衛生状態を保つためには、日頃からのお手入れが必要です。
プレミアムウォーターのウォーターサーバーは、日頃のお手入れを続けていれば、安心してご利用いただける構造になっていますが、それでも心配な方のためにクリーニング商品のご用意もございます。
お客様でウォーターサーバーの内部洗浄ができる「セルフクリーニングキット」、専門スタッフによる「訪問クリーニングサービス」をご用意しております。
ご自身で手軽にウォーターサーバーの内部洗浄をしたい方には「セルフクリーニングキット」、ウォーターサーバーの内部の衛生状態が心配な方、ご自身でのお掃除が大変という方には「訪問クリーニングサービス」がおすすめです。
※現時点で異常がある場合にはカスタマーセンターまでお問合せください。