ウォーターサーバー・天然水の宅配サービスならシェアNo1のプレミアムウォーター【公式】

ミネラルウォーターの種類とは? 天然水のウォーターサーバーにはこんなメリットが!

皆さんはミネラルウォーターに種類があることはご存知ですか?
日本は豊富な湧水があるため、天然水のメーカーが多くあり、取り扱っているお水の採水地も様々です。ミネラルウォーターとはどのようなお水なのかを紹介していきますので、普段飲んでいるお水がどんなお水なのか、確認してみてください。
また、後半ではナチュラルミネラルウォーター(天然水)のウォーターサーバーを家に置くおすすめポイントを紹介していきます!

ミネラルウォーターの種類と特徴とは

ミネラルウォーターの種類

ミネラルウォーターは4種類に分けられます。

  1. ナチュラルミネラルウォーター

  2. ナチュラルウォーターのうち、地中でミネラル成分が溶解した地下水を原水とし、処理方法など一定の基準を満たしたものだけが「ナチュラルミネラルウォーター」と記載することができます。

  3. ナチュラルウォーター

  4. 特定の水源から採水した地下水で、沈殿・ろ過・加熱殺菌以外の処理をしていないものを指します。ミネラル成分の溶解が少ないお水です。

  5. ミネラルウォーター

  6. 採水した地下水を、品質を安定させたりするために、沈殿・ろ過・加熱殺菌、オゾン殺菌、紫外線殺菌・ミネラル成分調整・ブレンドの処理をおこなったものです。

  7. ボトルドウォーター

  8. 上記の3種類以外のもので、処理方法に限定はありません。 飲用のお水、純水、蒸留水、河川のお水、水道水などが含まれます。後から人工的にミネラル成分を添加したRO水もボトルドウォーターです。

この4種類の中で自然水や天然水と呼べるのは、「ナチュラルミネラルウォーター」と「ナチュラルウォーター」の2つだけです。 「ミネラルウォーター」は、成分調整等がおこなわれるため、天然水とは呼べません。

もちろんプレミアムウォーターはナチュラルミネラルウォーターに分類される天然水です。

ミネラルウォーターの「ミネラル」とは何を指す?

「ミネラル」とは、必要量は少ないものの、体の機能維持や調整に必要不可欠なものです。 ミネラルは体内で生成されないので、食べ物や飲み物で補う必要があります。※1

ミネラルウォーターを飲むことで、体内における水分の循環以外にも、そのお水に含まれるミネラルを摂取することができます。

そんな人体に必要不可欠で主要なミネラルについて、簡単に紹介します。

  • ナトリウム

  • 成人の体内では、細胞の外の体液(汗や涙等)のほとんどに含まれています。浸透圧を調節して、細胞外液量を保つ等の大切な役割を持っています。
    日本人の食生活の中で、ナトリウムが欠乏することはほぼないです。反対に、日本人は過剰に摂取してしまいやすいミネラルなので、あえて摂取を心がける必要はないミネラルです。

  • カルシウム

  • 人体に最も多く含まれるミネラルであり、骨や歯を形成しています。
    カルシウムの摂取量が十分であったとしても、ビタミンDが不足するとカルシウムの吸収が悪くなり、また運動等である程度骨に負荷をかけないと吸収効率が悪くなってしまいます。 ミネラル同士は互いに影響しながら吸収されることから、バランスよく摂る必要があります。

  • マグネシウム

  • 人体に必要なミネラルの一種で、リンやカルシウムとともに骨を形成するほか、体内のさまざまな代謝を助ける機能を持っています。また、カルシウムが溶けだすのを防ぐ重要な役割も担っています。

  • カリウム

  • 98%が細胞内に溶け込んでいて、体内の水分の流れを作る浸透圧の調整等の役割を持っています。ナトリウムを排出する作用があるため、塩分の摂り過ぎを調節する上でとても重要な役割を持っています。

以上がお水に含まれるミネラルの主な成分です。この他にもリン等の様々なミネラル量のバランスによって、お水の味が変わってくるのです。

日本とヨーロッパのお水の違い

お水の硬度とは

日本のお水はほとんどが軟水で、ヨーロッパや北米のお水は硬水が多いです。

硬度とは、お水の中に含まれているカルシウムとマグネシウムの量で決まります。含まれている成分が少ないお水が「軟水」で、多く含まれているお水が「硬水」と呼ばれます。 その明確な基準はWHO(世界保健機関)が定めています。

WHO(世界保健機構)による水の硬度の基準値

種類硬度
軟水軟水0~60mg/ℓ未満
中硬水60~120mg/ℓ未満
硬水硬水120~180mg/ℓ未満
超硬水180mg/ℓ以上
  • 硬度の計算式=カルシウム(mg/ℓ)×2.5+マグネシウム(mg/ℓ)×4.1
  • WHO(世界保健機構)による基準値では、120mg/ℓ以下が軟水、120mg/ℓ以上が硬水とされています。

基本的な基準については上記の表のようになります。

お水の硬度の詳しい内容については「お水の硬度ってなに? 実は知らないお水のあれこれ」をご覧ください。

この硬度ですが、なぜ異なっているのかというと、その土地ごとの地殻物質が異なっているからです。
雪や雨水が地中にしみこみ地層中で汚れ等をろ過しながら、地層のミネラルを吸収し、やがて天然水として湧出します。日本は川の上流から下流への勾配が急なので、お水が地層に浸透する時間が短いです。

一方で、ヨーロッパや北米等は日本と比べて地層の勾配が緩やかなため、お水と接する時間が長くなるのが特徴です。 以上のことが、お水の硬度に差異ができる一因とされています。※1

ナチュラルミネラルウォーター(天然水)をウォーターサーバーで飲むメリット

ミネラルウォーターは、コンビニや自動販売機等でペットボトルを購入しても飲めますよね。 わざわざウォーターサーバーで飲む必要性があるのだろうか……と思っている人には、特に知ってほしいメリットを紹介します。

飲料水として

ミネラルウォーターを家で飲もうとすると、ペットボトルの場合、冷蔵庫で冷やしたりポットを使って温めたりする必要があります。
しかしウォーターサーバーの場合、その手間がかかりません。 いつでも冷水も温水もレバーを押すだけなので、ほしいときにほしい分だけ飲むことができます。

「子どももコップがあれば、いつでも飲むことができる」
「子ども一人でも水分補給をしてくれるから助かる」
「お水がおいしくてジュースよりも好んで飲むようになって嬉しい」

というプレミアムウォーターをご利用しているお客様の声もいただいています。

コーヒーやお茶、紅茶を入れるとき

忙しい朝や急な来客にも、ヤカンでお水を沸かす必要がないので、すぐに対応ができるようになります。

また、コーヒーをプレミアムウォーターのお水で入れることで、コーヒー本来の味や香りを残すことができます。※2
コーヒーを入れるときの温度もだいたい約85℃で入れることで酸味と苦みのバランスがとれるようになります。

コーヒーについて詳しくは「淹れたコーヒーを「おいしい!」と言わせるのは実はお水?!」をご覧ください。

赤ちゃんへの水分補給

赤ちゃんのミルクや水分補給には、軟水のお水が適しています。実際にミルクを作る際に活用しているママも多くいます。 妊娠や赤ちゃんの出産を機にウォーターサーバーを導入される方が多いようです。

プレミアムウォーターでは小さな子供がいるご家庭向けのお得なプランも用意しております。 「PREMIUM WATER MOM CLUB」について詳しい内容を確認したい人はこちら

料理で使うとき

料理に使うお水をミネラルウォーターに切り替えている人も多いのではないでしょうか。

水道水で作る場合と比べると味が変わるため、一度味わうとなかなか戻せなくなるという人が多いそうです。特に素材の味を引き出して楽しみたい「おだし」等を使う和食には軟水がおすすめです。

また、温水、冷水がすぐに使えるということで時短にもなります。

この他にも、定期的にお水をご自宅へお届けするウォーターサーバーがあれば、もしものときに慌ててお水を買いに行く必要もないので、断水してしまったときでも心の余裕を持つことができます。

お水は暮らしに寄り添う大切な存在

いかがでしたでしょうか。

ミネラルウォーターの種類や、人体に必要不可欠なミネラルについて紹介しつつ、ウォーターサーバーだからこそのメリットをお伝えしました。

人にとってなくてはならないお水を、天然水(ナチュラルミネラルウォーター)のウォーターサーバーにすることで、より良い暮らしのお手伝いをさせていただけたら幸いです。

Webからお申込み

あわせて読みたい「暮らしと天然水」に関する記事

参考文献

  • ※1 体の不調を治す! 水飲み健康法(監修森下克也/2017)
  • ※2 コーヒーを楽しむ教科書(監修井崎英典/2020)

アンジャッシュ児嶋一哉さん出演!CM動画はご覧になりましたか?

プレミアムウォーターの魅力を日常の中の一コマで描く、家族想いの児嶋パパが垣間見える全12話の新CMを公開中です。