天然水ウォーターサーバー・宅配水ならシェアNo1のプレミアムウォーター【公式】

お水の硬度ってなに? 実は知らないお水のあれこれ

あなたはお水についてどれくらいご存知ですか?
日本はお水が身近なお国柄であるからこそ、お水について知らないことがあると思います。今回は「よくお水の硬度とか聞くけれど、硬水と軟水で何が違うの?」というような、お水についての素朴な疑問を解説します。

お水の硬度ってどんな基準?

そもそもお水の硬度は、お水の中に含まれているカルシウムとマグネシウムの量で決まります。 成分が少なく含まれているものがやわらかい水「軟水」で、多く含まれていると硬い水「硬水」となります。

その明確な基準はWHO(世界保健機関)が定めています。

WHO(世界保健機構)による水の硬度の基準値

種類硬度
軟水軟水0~60mg/ℓ未満
中硬水60~120mg/ℓ未満
硬水硬水120~180mg/ℓ未満
超硬水180mg/ℓ以上
  • 硬度の計算式=カルシウム(mg/ℓ)×2.5+マグネシウム(mg/ℓ)×4.1
  • WHO(世界保健機構)による基準値では、120mg/ℓ以下が軟水、120mg/ℓ以上が硬水とされています。

軟水の特徴

味について

軟水は含まれるミネラルが少なく、飲むと口当たりが軽くまろやかな感じがします。 日本のお水はほとんどがこの軟水ですので、日本人の舌に合った飲み慣れたお水です。また、中硬水と呼ばれるお水もこの軟水の中に含まれます。

特徴

軟水は素材の味を引き出しやすいので、煮物などの日本料理に適していると言われています。 特にお米は水分を吸収しやすいので、ふっくらとおいしく炊き上がります。また、コーヒー等、本来の香りを引き出しやすいのも軟水です。

硬水の特徴

味について

硬水はミネラルを豊富に含んでいるので、重たい飲みあたりが特徴で苦く感じるものもあります。日本人には飲み慣れてないので、苦手と感じを受ける方もいらっしゃいます。

特徴

野菜、魚よりも肉類を食べることが多い食生活の人は、ミネラルが不足しがちですので、硬水はそのミネラル分を補うことにも役立ってくれます。 また硬水でコーヒーや紅茶をいれると本来の味よりも、お水の個性が出やすく渋み等がマイルドになる傾向があります。

日本のお水の硬度はほとんどが軟水?

日本のお水はそのほとんどが硬度120mg/ℓ以下の軟水に区分されます。
比較的硬度が高いお水としては、3つの伏流水が混じり合って他とは違う兵庫県西宮市から湧出する宮水と呼ばれるお水や、石灰岩層で形成されている沖縄県のお水があります。

プレミアムウォーターの天然水はすべて軟水ですが、富士吉田は硬度 25mg/ℓ、北アルプスが 29mg/ℓ、朝来 45mg/ℓ、金城 83mg/ℓ、南阿蘇 36mg/ℓと、採水地ごとに差があります。なぜこのように差が生まれるのでしょうか。

硬度の違いには、地形が関係している

お水の中のミネラル成分は、雨水が降り大地に浸み込み地下水や河川になる際、その地層の成分がお水に溶け込むことでお水の硬度に差異が生まれます。

日本の地形のほとんどは急峻な火山が多く、急激に冷えて固まったマグマ(火成岩)は透水性が高くお水が地層に留まる時間が短くなるため、必然的にミネラル分の少ない軟水として湧出します。
一方で、硬水の多いヨーロッパ等では、石灰質の地層が多くなだらかな大地をゆっくりと水が流れるため、お水が地層に留まる時間が長く結果として硬度の高いお水が湧出するそうです。沖縄はこのヨーロッパのように石灰岩層が多いため地下水や井戸水の硬度が高いそうです。

海外旅行でおなかをこわすのは実は硬水が原因?

日本の水道の普及率は、厚生労働省が公開している平成30年度の資料では98%です。※1
日本は、世界の中ではごくわずかしかない水道水をそのまま飲むことが出来る国です。WHOの水質基準より厳しい水道法で定められた基準を守っているため、水道水をそのまま飲むことができるのです。
その努力は途上国の水道整備にも使われ、その成果が高く評価された事例もあります。これは世界的にみても、日本が「水道先進国」であるといえるでしょう。

海外のお水事情とは?

それに比べるとアメリカやイギリス等では水道の普及率は100%ですが、水道水をそのまま飲むことができなかったり、飲むには注意が必要だったりします。※2
その理由として海外ではきちんと整備された水道管が少なく、漏水することで水に雑菌が入り込んでしまったり、水道管内の水圧が弱いせいでその亀裂した部分から土が混じり濁ったお水になってしまったりすることがあるそうです。 そのため、海外でお水を飲む際は、ミネラルウォーターを購入すること等が推奨されています。※2

また、衛生面だけでなく、上記でお伝えした硬水の影響によってもおなかをこわしてしまう可能性もあります。 なぜなら、硬水にはマグネシウムが豊富に含まれていて、このマグネシウムは軽度の便秘の人に処方される薬としても有名です。※3

日本食に合うお水とは?

前段でお伝えしました通り、日本のほとんどの地域は軟水です。ユネスコ無形文化遺産にもなっている和食の文化は、この軟水が育んだといっても過言ではありません。
農林水産省では「自然の尊重」という日本人の精神を体現した食に関する「社会的慣習」の和食の1つの特徴として以下のように紹介されています。

このように和食に代表されるお吸い物や煮物、お味噌汁等に使われるだしは軟水だからこそ。 これは主な素材となる昆布の持つうま味・グルタミン酸を引き出すのに、硬度50以下の軟水が最も適しているそうです。※4
だしについて詳しい内容は「鰹節や昆布の”水だし”?! 簡単でおいしいだしの取り方紹介」をご覧ください。

洋食は足し算、和食は引き算の料理

また、フランス料理等に代表される洋食は足し算の料理であるのに対して、和食は引き算の料理と呼ばれます。 これは様々な素材の味を足して深みを出す洋食と、お水を使って灰汁抜きや湯引き等で素材から苦味やえぐみを引くことで素材本来の味を活かすやり方の違いから表現されるようになりました。※4

食事だけでなく、日本酒の名産地であるところは名水であることが多いです。 日本酒はお米・麹・お水を原料としたお酒です。だからこそ、それぞれの土地のお水の違いによって違いが生まれ、日本酒の個性になると言えます。 そして昔から日本酒は「和らぎ水」とともにありました。

日本酒とお水を交互に飲むことでお酒の味を新鮮に感じることができ、なおかつ二日酔いになりづらくする飲み方があります。 この和らぎ水については「チェイサーとお酒で楽しく。おいしいお水を飲んで二日酔いを回避?」をご覧ください。

いかがでしたでしょうか。
日本人にとって身近なお水は、ずっと生活を支えてきました。

プレミアムウォーターでは、おいしい天然水を飲んでいただくために採水地を厳選し、ウォーターサーバーでは珍しい「非加熱処理」にこだわったお水を、ウォーターサーバーのレンタル料無料(※一部サーバーを除く)、配送料無料(※一部地域を除く)でご自宅まで定期配送しております。

私たちの身体にとても大事なお水のことなので、この機会にぜひ検討してみてください。

ウォーターサーバーを選ぶ

あわせて読みたい「暮らしと天然水」に関する記事

参考文献

  • ※1 水道普及率の推移(厚生労働省)
  • ※2 外務省海外安全ホームページ(外務省)
  • ※3 第11回 旅と水あたり −旅行者下痢症−(関西医科大学 衛生・公衆衛生学講座)
  • ※4 ゼロから理解する水の基本(監修千賀裕太郎/2013)

アンジャッシュ児嶋一哉さん出演!CM動画はご覧になりましたか?

プレミアムウォーターの魅力を日常の中の一コマで描く、家族想いの児嶋パパが垣間見える全12話の新CMを公開中です。