天然水ウォーターサーバー・宅配水ならシェアNo1のプレミアムウォーター【公式】

淹れたコーヒーを「おいしい!」と言わせるのは実はお水?!

家にいることが増えてきている昨今では、「コーヒーをもっとこだわりたい」、「自分好みのコーヒーを見つけたい」という人も増えているようです。そんなとき、豆の種類や産地を確認することはよくあるのではないでしょうか。

しかし、コーヒーの約99%を占めるのはお水なのです。見逃されがちですが、 コーヒーのおいしさの秘訣は「お水」にもあります。お水が変わればもちろんコーヒーの味も変わります。今回はお水の視点からコーヒーを紹介します。

コーヒーの味は「焙煎×お水」で決まる!

豆の品種、豆の挽き方、入れ方そして焙煎。コーヒーはそれら全てが絡み合って複雑な味わいを生み出しています。その中でも特に風味の違いが表れやすいのが焙煎です。まずは焙煎の種類とお水の組合せについて紹介していきます。

焙煎の種類

焙煎度は、全部で8段階に分かれています。※1
焙煎の種類と特徴は図のとおりです。

飲み方によって適切な焙煎度合いが異なります。 一般的に、浅く炒ったのものほど「酸味」が強く、深く炒るほど「苦味」が強く出るようになります。これは、生豆に含まれている様々な成分によって、コーヒーの色や味、香りに変化が出ます。
例えば、缶コーヒー等に表示されている深煎りとは、苦みや香りが強く、カフェインの量が少ない焙煎方法のことを指します。このように焙煎についても知っておくだけでお気に入りのコーヒーの飲み方が見つけやすくなります。

コーヒーをおいしく飲むためのお水

コーヒーの味に特に影響を与えるのはお水の硬度です。 一般的に硬度の低いお水を軟水、硬度の高いお水を硬水と呼びます。その違いは簡単にいうと水分中のミネラル含有量(主にカルシウムとマグネシウムの合計)です。※1

WHO(世界保健機関)の基準では、お水1ℓに対してカルシウムとマグネシウムが120mg/ℓ未満が軟水、120mg/ℓ以上が硬水とされています。WHO(世界保健機構)による水の硬度の基準値を表であらわすと以下のようになります。

WHO(世界保健機構)による水の硬度の基準値

種類硬度
軟水軟水0~60mg/ℓ未満
中硬水60~120mg/ℓ未満
硬水硬水120~180mg/ℓ未満
超硬水180mg/ℓ以上
  • 硬度の計算式=カルシウム(mg/ℓ)×2.5+マグネシウム(mg/ℓ)×4.1※1

実は、このお水に含まれるミネラル分がコーヒーの成分に大きな影響を与えているのです。 それでは、それぞれの水の特徴をご紹介しましょう。

軟水で入れたコーヒーの特徴

コーヒーの成分は水分中のミネラルに反応しやすく、ミネラル分の少ない軟水はコーヒーの味に影響を与えにくい特徴を持っています。そのため、コーヒーそのものの香りを楽しむことができます。

特に苦味成分への影響が少ないので、酸味が引き立った爽やかな味に仕上がります。 つまり、コーヒー本来の味をマイルドかつ素直に引き出したいのであれば軟水を選ぶのが良いです。※2

硬水で入れたコーヒーの特徴

カルシウムとマグネシウムはコーヒーの成分に反応しやすく、香りにも味にも大きな影響を与えます。ミネラル分の中でもマグネシウムの影響は特に大きいです。

コーヒー特有の苦味や渋味を引き出す特性を持っており、苦味の引き立った刺激的な味に仕上がります。軟水と比べコーヒーの味に影響を与えやすく、水の自己主張が強くなるのが硬水の特徴です。

また、意外と知られていないのがカフェインとの関係です。 一般的に苦いコーヒーの方が眠気に良く効き、カフェイン量も多いのでは? と考えがちですが、硬水に多く含まれるカルシウムやマグネシウムには、カフェインやタンニンといったコーヒーの主成分の抽出を妨げる特性があるのです。
つまり、眠気覚ましにカフェイン多めのコーヒーが飲みたい! と考えるのであれば、化学的には軟水を使った抽出がおすすめなのです。

コーヒー本来のナチュラルな香りを求めるなら軟水がおすすめで、焙煎の香ばしい香りをより楽しみたいのであれば硬水がおすすめです。 お水一つでコーヒーの楽しみ方が選べるのは面白いですね。

お水の特性まとめ

さらにお水で抽出する際の特性を考えると、実は硬度以外にもコーヒーの味に影響する要素があります。 それは、「抽出時の温度」です。

コーヒーを抽出するお水の温度は、高温になれば苦味が強く、低温であれば酸味が強くなります。※2
これは苦味や渋味の成分が低温だと溶け出しにくいからです。また、カフェインも高温に弱い特性があるため、高温の方が少なく、低温の方が多く含まれます。深煎りの豆の方がカフェインが少ないのもこの特性によるものです。

以上を踏まえて、お水の特徴を図にすると以下のとおりです。

つまり、軟水は浅煎り豆の酸味をより強く、硬水は深煎り豆の苦みをより強く引き出す相関性が見えてきます。逆に、深煎り豆を軟水で抽出すれば、バランスのとれた味わいに仕上げることもできます。こういったバランスを自分なりに変えていくのもひとつのコーヒーの楽しみ方です。

おいしくコーヒーを楽しむための色々な入れ方

  • ペーパードリップ

    サードウェーブコーヒーの流行とともに再び注目されている入れ方がペーパードリップです。最もポピュラーな抽出方法ですが、シンプルゆえに奥が深く、入れる人の腕が試されます。

  • ネルドリップ

    紙ではなく、布(フランネル)を利用した入れ方です。ネルフィルターの手入れや保管に手間がかかりますが、「最もおいしい抽出方法」と言われている入れ方です。

  • ウォータードリップ(水出し)

  • 水出しコーヒーの作り方はとっても簡単。
    水出し用のポットにコーヒーバッグと水を入れて、冷蔵庫で約8時間冷やすだけです。 最近のポットは内側にメッシュのフィルター容器が付いているものもあり、コーヒー粉を直接浸すことも可能です。 低温でじっくり抽出するため、雑味が出にくく、すっきりとしたアイスコーヒーに仕上がります。

  • インスタントコーヒー

    手軽で安くコーヒーを楽しみたいとなれば、インスタントコーヒーは外せませんよね。 コーヒー粉をカップに入れてお湯か水で溶かすだけで、すぐに飲めますので職場でも家庭でも大活躍です。

    特に職場では、場所をとらず、抽出に特別な道具も必要ないので大変重宝します。 近くのコンビニやスーパーに必ず売っている手軽さも魅力です。

  • コーヒーメーカー

    最近では職場に置いてあることも多いコーヒーメーカー。
    中身の豆やポーションを変更することで色々な味が楽しめ、マシンによっては、レギュラー、エスプレッソ、カフェラテ、カプチーノと様々な種類のコーヒーをボタン1つで抽出できるのが魅力です。

コーヒーのこだわりはお水から!

プレミアムウォーターのお水は軟水の天然水なので、コーヒーそのものの香りを堪能することができます。
ウォーターサーバーのメリットは、お湯を沸かす手間なくすぐに温水や冷水を出せる点です。家庭にあれば寒い冬の朝や出勤前の時間のない朝は時短になりますし、職場にあれば貴重な休憩時間を割くこともなく簡単においしいコーヒーを入れることができて面倒がありません。

プレミアムウォーターのご利用者からは「火を使わずにお茶やコーヒーを飲めるので安全で重宝しています」等のウォーターサーバーの手軽さについてのコメントや、「コーヒー等の飲み物にこだわりがあり、お菓子と合わせた飲み物を作ります。その際にプレミアムウォーターのお水で量を計り、温度を測り入れ、それがどの喫茶店よりも美味しいです」とプレミアムウォーターのお水にご満足いただいているコメントを頂戴しています。

コーヒーは嗜好品ですので、味も楽しみ方も十人十色。

このようにお水にもこだわり、さらに微妙な抽出温度や抽出方法にもこだわれば、コーヒーの可能性は無限に広がっていくことでしょう。 今回、お水の視点からも、コーヒーの面白さを垣間見ることができたのではないでしょうか。 あなたが幸せを感じられるオリジナルかつ最高の組合せを探してみましょう。

ウォーターサーバー契約者様限定のオンラインショップ「プレミアムモール」では、自宅で誰でも簡単においしいコーヒーを作ることができる「インスタントコーヒーセット」や「レギュラーコーヒー6缶セット」を販売しています。
ぜひプレミアムウォーターこだわりの天然水でコーヒーをお楽しみください。

  • ※2020年6月25日時点で掲載している商品です。

あわせて読みたい「暮らしと天然水」に関する記事

参考文献

  • ※1 ゼロから理解する水の基本(監修千賀裕太郎/2013)
  • ※2 コーヒーを楽しむ教科書(監修井崎英典/2020)

アンジャッシュ児嶋一哉さん出演!CM動画はご覧になりましたか?

プレミアムウォーターの魅力を日常の中の一コマで描く、家族想いの児嶋パパが垣間見える全12話の新CMを公開中です。