天然水ウォーターサーバー・宅配水ならシェアNo1のプレミアムウォーター【公式】

備蓄に必要なものとは?もしものときに慌てないための備蓄品を紹介!

いつ、どこで災害が起こってもおかしくない日本。地震等の自然災害が起こったとき、生き延びるために絶対に必要となるのが「お水」です。
人はお水と睡眠さえとっていれば、約2~3週間は生きていられるそうですが、お水を一滴も飲めない状況になると、約4~5日で動けなくなってしまうといわれています。※1

その命をつなぐために人間が最低限必要なお水は、飲料水だけでも1日あたり約1ℓです。※2

被災地のライフラインがダメージを受けた場合、ほとんどの人が飲料水以外のお水を含め「自由にお水が使えないこと」に直面するでしょう。健康面にも衛生面にも大きく影響する災害時のお水不足。

自分の命や大切な家族を守るために、今できることは何でしょうか?それは備蓄です。
今回は、もしものときに備えるための情報を紹介します。

備蓄には何が必要?チェックリストを紹介!

東日本大震災では、物流の混乱等により、満足に食料を調達できたのが発災後3日目以降という地域や、水道の復旧に10日以上かかってしまった地域もありました。このような事態に備えるため、最低でも3日分、できれば1週間分の食料品の備蓄に取組むことが望ましいと言われています。※2

以下の表は、首相官邸の公式ホームページから発表されている『災害の「備え」チェックリスト』です。これには災害時に必要なものが分かりやすくまとめられています。

全世帯の必要なものだけではなく、子どものいるご家庭や、女性、高齢者に必要な備えも網羅しているので安心です。
こちら以外にもTwitterで「警視庁警備部災害対策課」が不定期に役立つ情報を発信されていますので確認してみてはいかがでしょうか。

あったら便利! 意外な備蓄品ご存知ですか?

先ほど紹介いたしました『災害の「備え」チェックリスト』に記載されているものや、記載されているもの以外で「あったら便利!」という備蓄品があります。

お水と一緒に備蓄しておきたい節水アイテム

利用できるお水が少ない災害時は、いかにお水を無駄使いせずに生活できるかが鍵になります。

・ラップ

災害時にラップはとても重宝する道具です。食器にラップをかぶせて食事をし、終わったらラップを剥がして捨てることで、食器を洗わなくても繰返し使えます。

また、怪我をした時の包帯の代わりとして使ったり、捻って紐代わりにしたり、骨折の疑いがある際はラップの芯を使って添え木としても使えたりと、非常時に何かと役にたちますので多めにストックしておきましょう。

・アルミホイル

ラップ同様に、食器の汚れ防止カバーとしての活用方法があります。
ラップと違う用途としてはアルミホイルを重ねることで、フライパンの代用品として直火調理に使えます。フライパンの上にアルミホイルを敷いて、調理器具を汚さず調理することも可能です。

・ポリ袋、チャック付きの袋

こちらも食器代わりとしてお水を節約できます。そして、飲料水を運ぶ時にも使えます。
また、耐熱性の袋にお米とお水を同量入れて、20分湯煎すると鍋を汚さずにご飯を炊くこともできます。

避難所で少しでも快適に過ごすためのアイテム

避難所は多くの人が一か所に集まるので、どうしてもプライバシーの確保が難しいです。 そういったときに少し工夫をすることで、身体的だけでなく精神的にも落ち着くことができます。

・耳栓

普段は気にならないような子どもの声や赤ちゃんの泣き声、同じように避難をした人のイビキ等の環境音が気になってしまうと思います。寝る際に耳栓をつけることでストレスを軽減させるのにはおすすめのアイテムです。 これに加えてアイマスクと併用することで、周りから物理的に遮断されて他の人が気になりにくいので良いかもしれません。

・サンダル

避難所では多くの人が行き来しています。靴を履くほどではないものの、少しだけ外に出るときや避難所の床の汚れが気になるという場合に履くのが簡単なサンダルは便利です。

備蓄するときの注意点とは?

備蓄品が賞味期限切れにならないように

例えば、ペットボトルのミネラルウォーターであれば、賞味期限は半年~1年程度に設定されている商品が多いです。長期保存ができる備蓄用のお水もありますが、全ての備蓄水を長期保存向けの商品で賄うとコストがかさみます。

そこで、賞味期限切れを防ぎ、上手に備蓄していく方法として、消費しては買い足していく「ローリングストック法」を紹介します。

ローリングストック法※3

  1. 普段飲んでいるお水を、備蓄水として多く購入・保存。
  2. 賞味期限が近くなったものから、日常の飲料水として消費。
  3. 消費して少なくなった分を買い足す。
  4. 1~3を繰り返し、備蓄用のお水が少なくならないように保つ。

この方法であれば、お水だけではなく、インスタント食品等も備蓄ができますので、ぜひ日常生活に取り入れてみてください。 また、「ローリングストック法」でお水を備蓄する際、以下のように保存場所にも気を付けてください。

高温多湿の場所、直射日光の当たる場所は避ける

ペットボトルのお水は、日光が当たると高温が原因でボトルの成分がお水に溶け出す恐れがあるので、ダンボールに入れているままのペットボトルなら箱から出さずに保存しましょう。

匂いの強い場所は避ける

お水は周囲の匂いの影響を受けやすく、長期間匂いの強い場所に保存するとうつってしまいますので注意しましょう。ちなみにカップめんや袋めんも、お水と同じように周囲の臭気成分に影響されやすいので、保管に気をつけてください。容器に注意書きがありますので、確認するようにしましょう。

こんな家庭は注意! 多くの備蓄水が必要です

次の項目に当てはまるご家庭は、生活用水と飲料水と区別をし、ともに多めに備蓄をするようにしましょう。災害時はトイレや洗濯、手や体を洗うための生活用水も不足します。飲料水とは別に確保しておくことも心がけましょう。

マンションに住んでいる場合

給水のために電気を使うポンプが必要な場合、地域の水道が使える場合でも、停電等の影響でマンション内は断水になる可能性があります。
ポンプが動かないと、貯水タンクが地下や地上にある場合では各戸への給水が難しくなり、貯水タンクが屋上にある場合ではタンクに入っているお水が無くなると給水されなくなる等、対応が変わってきます。

また、排水管の破損の恐れがあるので、安易にお水を流すことで下水が逆流する等の事態も考えられます。あらかじめ建物の構造を確認したうえで、通常よりも多くの備蓄水と、節水グッズや非常用トイレを用意しましょう。

赤ちゃんのいる家庭

オムツ、ミルク、服、哺乳瓶など普段生活に使っているグッズをお水と同じく丸3日分(できれば1週間分)、備蓄しましょう。また、避難時に抱っこ紐は必須です。母子手帳はコピーをとり、すぐに持ち出せるように用意しておきましょう。

妊婦さんのいる家庭

妊婦さんは通常時より代謝が増しており、赤ちゃんの分も含めて多くの水分補給が必要になります。飲料水はミネラルウォーター等、良質なものを多めに備蓄しましょう。また、トイレを気にしてお水を飲めなくなるのは悪影響ですので、非常用トイレも多く用意してください。

高齢者や、足腰の悪い方がいる家庭

お水を運ぶ作業は重労働ですし、大きなボックスタイプで備蓄してもいざという時に持ち出せないと意味がありませんので、持ち運べるサイズのペットボトルで備蓄をしましょう。
また、配給のお水を運ぶ際に、ポリタンクを乗せて運ぶためのカートやキャリーバック、リュックに袋やペットボトルを入れて運べるように用意しておくと良いでしょう。

緊急時を考えた備蓄をおすすめします

意外と知られていない備蓄について確認することはできましたでしょうか。 災害が起きて電気・ガス・水道等が使えなくなったとき、パニックにならないようにあらかじめ準備しておくことが大切です。

自分の命、そして家族を守るために、賢く備蓄しましょう。

プレミアムウォーターのお水は、厳選された採水地からとれたおいしいお水をお客様に定期配送しています。

独り暮らしをされている方でも、一週間分の備蓄をするためには、21ℓ必要となりますので、プレミアムウォーターの天然水12ℓでも2箱ある状態を保っていただくことが、備蓄の観点では望ましいといえそうです。ご家族がいらっしゃる場合は、上記の量×家族分が必要になります。

非常用キットや、手動レバー式のウォーターサーバーであれば、緊急時電気が通っていなくてもお水を飲むことができます。万が一に備えて、ローリングストックにも有効なお水の備蓄を、プレミアムウォーターのウォーターサーバーで始めましょう!

ウォーターサーバーを選ぶ

あわせて読みたい「暮らしと天然水」に関する記事

参考文献

  • ※1 明日の水は大丈夫?バケツ1杯で考える「水」の授業(橋本淳司/2009年)
  • ※2 緊急時に備えた家庭用食料品備蓄ガイド(農林水産省)
  • ※3 できることから始めよう!防災対策 第3回‐内閣府防災情報のページ(内閣府)

アンジャッシュ児嶋一哉さん出演!CM動画はご覧になりましたか?

プレミアムウォーターの魅力を日常の中の一コマで描く、家族想いの児嶋パパが垣間見える全12話の新CMを公開中です。