天然水ウォーターサーバーはプレミアムウォーター【公式】

離乳食初期のタイミングとは?どんなものを与えるのがいい?

  • ツイートする
  • LINEで送る

日々すくすく育つ赤ちゃんにとって、食事はとても大切です。

そんな大切な食事の節目である離乳食。赤ちゃんのためにも離乳食初期の進め方や、目安となるタイミングを知っておきましょう。この記事では進め方のポイントや与えても問題のない食べ物、離乳食初期のコツ等を分かりやすく紹介します。

そもそも離乳食とは?

そもそも「離乳食」とは、母乳やミルクから栄養を摂取していた赤ちゃんが、大人と同じように食事ができるようになるための練習です。 通常の食事ができるようになることが目的ですので、とろとろの液体状のものを飲み込むところから、約1年かけて「焦らずにゆっくりと」赤ちゃんのペースで訓練をしていくことが大切です。
まずは、「食事をすることが楽しい」と思わせて、赤ちゃんの食べたいと思う意欲を引き出していきましょう。

離乳食の開始はいつ頃から?

一般的に離乳食を開始するタイミングは、生後5~6か月頃といわれています。 赤ちゃんの口腔内の発達の段階は、おおよそ生後5~6か月頃から「唇を閉じて飲み込む作業」ができるようになるので、この時期に離乳食を始めるのが良いとされています。 ですが、成長の度合いが異なるのは当たり前のことなので、赤ちゃんに合わせて開始してあげましょう。

離乳食初期の基礎ポイント!

離乳食OKの目安は?

以下のような様子が見られるようになったら、離乳食を始められるタイミングです。

  • 大人の支えありで座ることができる
  • よだれの量が増えた
  • スプーンを口元に持っていっても嫌がらない
  • 大人の食べている様子に興味を持つ

注意点としては、赤ちゃんの体調が良くないときや嫌がるときは、素直にやめてあげてください。大人でも初めての食べ物を口にするときは、慎重になりますよね。赤ちゃんは毎日がその初めての感覚です。 中にはアレルギーが出てしまう食べ物もあるので、症状が出たときにアレルギーの出る食材を特定できるよう、初めの頃は1食で1種類にしましょう。同様にもし症状が出てしまったら、すぐ受診できるように、離乳食を与えるのは午前中(診療ができる時間帯)にしましょう。※1

アレルギーについての詳しい内容は、以下の「離乳食の進め方」にまとめていますので、合わせてご確認ください。

食べ物は「とろとろ」が基本!

離乳食の固さは、口にためてから飲み込めるぐらいにとろとろの状態が望ましいです。 食べさせるものは、お米を中心としたアクやえぐみのない野菜、お豆腐、白身魚等です。

スプーンは、顔の正面から下唇の上に乗せてあげる形で、ゆっくりと与えましょう。また、様々な赤ちゃん用のスプーンが販売されています。
プレミアムウォーターで勤めている先輩ママの経験談では、赤ちゃんの口に合わせて赤ちゃん用スプーン(すくう部分の小さいスプーン)だと汁物を与えづらかったので、汁物は赤ちゃんの口より少し大きいサイズの安価で軽く丈夫なプラスチックスプーンを使用していたとのことです。 使いやすさや素材、消毒のしやすさ等、重視したいポイントがたくさんあるかと思います。赤ちゃんの好みに合わせて選んでみてください。

赤ちゃんに与えるご飯の量

離乳食初期は、1日1回で進めてみて、赤ちゃんが離乳食に慣れた頃に1日2回というように回数を増やしていきましょう。1食分の量としては、小さじ1からはじめてみてください。赤ちゃんに合わせて、1か月後には小さじ10というように食べる量を増やしていくようにしてください。

離乳食2か月頃からは食べ慣れたものであれば、1食に2種類の食材を使っても問題ないです。ただ、初めて食べさせるものときは、引き続き1食に1種類ずつ与えることを忘れないようにしましょう。

母乳やミルクはどうするべき?

授乳に関しては、母乳でもミルクでも赤ちゃんが飲みたがる分だけ与えても問題ありません。離乳食初期の栄養補給は、まだまだ母乳やミルクがメインとなります。※2

離乳食初期におすすめのご飯

前提として、赤ちゃんは消化機能が未熟のため、消化が良いものを選びましょう。※3

  • 炭水化物
  • お米が基本です。すりつぶしたお米1に対してお水10で炊いた10倍がゆが理想的です。
    すり鉢で潰したり、裏ごししたり、炊いたお米を細かく切る等の工夫をして、赤ちゃんが食べやすくなるようにしてあげてください。 お米を研いだ後、水気をざるで切り、ビニール袋に入れてすりこ木で砕くと時短になります。

    お米に慣れてきた様子であれば、うどんやそうめん、食パンを与えるのも良いでしょう。 うどんやそうめんを与える場合は、やわらかく茹で、お水で塩分を抜き、さらにペースト状にしてください。また、食パンを与える場合は、やわらかい部分を細かくちぎり、お湯でといてパンがゆにするのも良いです。

  • ビタミン等
  • 野菜では、にんじんやキャベツ、トマト、かぼちゃ、とうもろこし等であれば、与えることができます。いずれにしても皮や種等がある場合は取り除き、茹でてからすりおろしたり裏ごしをしたりする必要があります。
    にんじんは皮の部分に栄養があるので、薄く皮をむいて茹ですりおろしますが、一度冷凍すると力が入れやすくなり、すりおろしやすいです。

    果物はみかんや桃、いちご、すいか、メロン等も離乳食初期から与えることができます。りんごや桃もアレルギーの問題がなければ、離乳食初期から与えられる果物です。 野菜と同様で、皮や種を取り除き、冷凍しておくとすりおろす作業が楽になります。

  • タンパク質
  • タンパク質の多い食べ物は、ある程度離乳食を食べ慣れてからのスタートが望ましいです。脂質の少ない白身(タラやタイ)はすりつぶして、お湯でのばし、とろみをつけてあげてください。
    お豆腐はやわらかく消化も良いので、離乳食に向いている食材です。お湯で茹でてから、裏ごししたりスプーン等ですりつぶしたりして与えてください。

離乳食の始める上での注意点

離乳食初期でNGな食べ物

離乳食初期の段階では、赤ちゃんに飲み込む力や噛む力がないので、固いもの(とろとろのペースト状にできないもの)は与えられません。また、ペースト状にできたとしても塩分や脂質が多すぎるものは赤ちゃんのお腹の負担になってしまいます。※3

離乳食初期の赤ちゃんには、基本的に調味料を使いません。素材本来の味や、昆布等で取っただしを与えましょう。 注意点として、はちみつは絶対に与えないでください。甘みとしてはちみつを使いたくなりますが、乳児ボツリヌス症予防のために満1歳までは使用禁止です。※4

×玄米やもち米、雑穀米、パスタ類
×食パン以外のパン
×赤身の魚
×お肉類全般
×固くえぐみのある野菜や果物
×はちみつ

知っておくべきアレルギーの品目

離乳食を始めるにあたって、特に気をつけるべきなのが、アレルギーです。 アレルギーとは、原因となるアレルゲンが体内に入ったときに異物と認識され、次に同じアレルゲンを含んだ食べ物を食べると身体が過剰に反応してしまうことです。

アレルギーに指定されているものには、消費者庁から発表されている表示義務のある7品目、表示を推奨されている20品目があります。※5

  • 特定原材料(表示義務のある食べ物)…
    特に発症例、重症度が高いもの
  • 卵 乳 小麦 落花生 えび そば かに

  • 特定原材料に準ずるもの(表示を推奨されている)…
    継続して相当数、発症例がみられるが、特定原材料に比べると少ないもの
  • いくら キウイ くるみ 大豆 バナナ やまいも
    カシューナッツ もも ごま さば さけ いか 鶏肉 りんご
    まつたけ アワビ オレンジ 牛肉 ゼラチン 豚肉

平成23-24年全国実態調査における発症数の多い順に記載

既にアレルギー診断を受けている赤ちゃんはもちろんですが、アトピー性皮膚炎と診断されている場合にも事前に医師に相談してから赤ちゃんに与える食べ物を決めてください。 ほかには赤ちゃんの皮膚に湿疹ができやすかったり、パパママがアレルギーを持っていたりする場合も同様です。※3

離乳食初期の悩みは抱えずに

何度も繰り返しますが、赤ちゃんの成長・発達は個人差があります。 徐々に赤ちゃんの意思が出てきて、離乳食を嫌がったり、同じものしか食べなかったりするかもしれません。それでも離乳編初期は冒頭でもお伝えした通り、「食事をすることが楽しい」と思わせることが大前提です。
そのためには、パパママが食事を楽しむ様子を見せると大人の真似をおこない、パパママの食べる仕草や食べ物に興味を持ち始めます。※6
食べる量や栄養バランスを考えるのはまだ先なので、「周りが食べているのに」と焦らなくても大丈夫です。少しずつ赤ちゃんの味の好みを知っていきましょう。

いかがでしょうか。

離乳食初期は、赤ちゃんにとってもパパママにとっても初めてのことが多く、迷ってしまうかもしれません。しかし、お米を使った10倍がゆを基本に、焦らずゆっくりと食べ物の舌触りや味に慣れさせていきましょう。

その際、様々な食材をやわらかくするのにお水やお湯は不可欠です。 ウォーターサーバーがあれば、ミルク作りだけでなく離乳食作りにも応用できます。

もちろんそれだけでなく、パパママのご飯や、ほっと一息入れるためのお茶を入れる際にも活用してみてください。

PREMIUM WATER MOM CLUB(プレミアムウォーター マムクラブ)は、ママのことを考えた特別なプランです。
マタニティから始まり、子どもが成長する大事な時期をしっかりと考えているママに、安心・安全なウォーターサーバーと天然水をお得にご利用いただけます。

あわせて読みたい「暮らしと天然水」に関する記事

参考文献

  • ※1 授乳・離乳の支援ガイド(厚生労働省)
  • ※2 離乳食 Ⅱ離乳編(厚生労働省)
  • ※3 最新!離乳食新百科(監修太田百合子、赤堀博美/2020)
  • ※4 ハチミツを与えるのは1歳を過ぎてから。(厚生労働省)
  • ※5 食品表示について(消費者庁食品表示企画課)
  • ※6 0歳児から2歳児の発達過程(東京都教育委員会)
  • ツイートする
  • LINEで送る

アンジャッシュ児嶋一哉さん出演!CM動画はご覧になりましたか?

プレミアムウォーターの魅力を日常の中の一コマで描く、家族想いの児嶋パパが垣間見える全12話の新CMを公開中です。