天然水ウォーターサーバー・宅配水ならシェアNo1のプレミアムウォーター【公式】

赤ちゃんにお水を与えるのはとても大切! 子どもの水分補給について知ろう!

大人の体は約60%が水分であることに対し、赤ちゃんの体は約80~90%が水分です。 子どもでも約70%が水分です。※1

おむつの取り換え回数が多いのはこのせいです。そのため大人よりも水分不足になりやすくなっています。※1
今回は赤ちゃんにとても大切な水分補給について紹介します。赤ちゃんや子どもが脱水状態にならないように参考にしてください。

赤ちゃんの水分補給の基礎知識

水分補給をはじめるのはいつから?

生まれたての赤ちゃんにとって、水分補給の手段は「母乳を飲むこと」です。生後4~5か月までの赤ちゃんは母乳だけで十分な水分補給ができていますが、離乳食が始まる生後6か月頃からは栄養を離乳食で摂るようになるため、徐々に母乳を飲む回数が減ってきます。そのため水分が足りなくなってしまう場合があります。

赤ちゃんに与える水分量はどのくらい?

生後5~6か月以降の乳児は母乳や粉ミルクとあわせて、離乳食等からも水分を摂ることができます。母乳の場合は欲しがる分だけ与えても問題ないですが、ミルクは1日1000~1400mℓが目安です。7~8か月は1000~1200mℓ、9~11か月は400~1000mℓと徐々にミルクを減らしていき、食事で与えたり飲み物を与えたりすることで水分の与え方を変えていきましょう。※2

「いっぱいあげなきゃ」と水分を与えすぎてしまうと下痢等の原因になります。様子をみながらお水を飲ませてあげましょう。

赤ちゃんに与える飲み物は何が良い?

新生児は母乳(粉ミルク)だけでその他の飲み物を与える必要はありません。 離乳食にも慣れ、食事は楽しいものだと思い始めると母乳を飲みたがる回数も減ります。

母乳以外の味にも慣れてもらうため、ほかの飲み物を与えるママもいるようです。ほかの飲み物を与える場合は、ノンカフェインのお茶、白湯を与えましょう。 もちろん個人差があり、育て方や成長スピードによっても時期が変わります。

赤ちゃんへ与えることができる飲み物を紹介します。

白湯、湯さまし

白湯とは、水を沸かし何も手を加えないまま飲める温度まで冷ましたお湯のこといいます。 また、湯さましとは、お湯に水を混ぜることで温度を下げるお湯のことをいいます。
赤ちゃんに与える場合の温度は、ミルクとだいたい同じでひと肌と同じぐらいの温度です。カロリーや糖分もないので、水分補給には最適です。
また、暑い日には冷たいお水を与えたくなりますが、乳児は大人に比べて内臓が弱いため、与え過ぎないようにお水の量に気をつけましょう。

ノンカフェインのお茶

カフェインの摂取は消化器官が未熟な赤ちゃんにとっては負担が大きいものになります。
赤ちゃんにはノンカフェインの麦茶やタンポポ茶等、赤ちゃん用のお茶が販売されていますので、探してみてください。

なかなか飲んでくれなかったら、200mlに対して小さじ1杯程度の砂糖を溶かすことで、母乳に似て飲みやすくなるそうなので、工夫をしながら徐々に慣らしていきましょう。

何を使って飲ませるの?

成長度合いによっても与え方は変わってきます。 母乳育児の場合、哺乳瓶やスパウトマグはすぐに使いこなすことはできません。 最初はスプーンで少しずつ与えましょう。与える手段の順番としては、次の通りになります。

1.スプーン

離乳食でも使う赤ちゃん用のスプーンをつかって与えます。奥まで入りすぎないように工夫されているので安心して使うことができます。哺乳瓶を嫌がる赤ちゃんにはスプーンで与えましょう。

2.哺乳瓶

赤ちゃんに飲み物を与えるものとして代表的な哺乳瓶。 飲み口の素材や形状によっても赤ちゃんは得意、不得意があります。

3.スパウトマグ(生後5か月~)

ストローを使ってうまく飲めない赤ちゃんのために飲み口が哺乳瓶とおなじマグカップです。マグカップを使って自分で飲むことを覚えます。飲む量も赤ちゃん自身で調整しやすいのも特徴です。

4.ストローマグ(生後8か月~)

コップでは飲むことが難しいときにはストローマグを使いましょう。 ストローの太さもさまざまあるので赤ちゃんが飲みにくそうな場合は太さを変えてみましょう。太いほうが飲みやすいことが多いです。

5.コップ

最初の頃は角度をママ・パパがサポートしてあげましょう。 母乳育児をしている場合、哺乳瓶で水分を与えるよりもコップからストローで飲むやり方のほうが覚えが早いようです。

長時間赤ちゃんを預ける場合、哺乳瓶の練習も必須です。 苦労されるママ・パパも多く、搾乳した母乳を入れて与える等の工夫もあるようです。

水分不足のサインは?

私たち大人でも死に至る危険も含んでいるのが水分不足です。 代表的な例は熱中症です。危険な症状であることをちゃんと理解しておきましょう。

乳幼児は、自分で水分を補給し、服を脱ぐ等の暑さ対策ができないことも熱中症への危険を高めます。体内の水分量が減ると、ふだん活動をするために必要な水分がなくなってしまいます。赤ちゃんは水分不足になると危険信号をたくさん送っています。

脱水症状

<軽度>
  • おしっこの回数、量が減る
  • 落ち着きがない

<中度>
  • 唇や口のまわりが乾燥する
  • 刺激に対する反応が鈍い
  • 不機嫌になる
  • 涙目になる
  • 脈がはやく弱い

<重度>
  • ぐったりしている
  • 意識がはっきりしない
  • おしっこが出ない
  • 目がくぼむ
  • 皮膚に弾力がなくなる
  • 汗や涙が出ない

言葉で大変なことを伝えることができない分、症状が大人の脱水症状よりもわかりやすいかもしれません。不調を訴えるために泣くこともできないくらい憔悴している場合は、すぐに救急車を呼ぶか、病院へ連れて行きましょう。

離乳食も立派な水分補給!

生後5か月ごろから徐々に約1年かけて、大人の食事に近いものが食べられるように離乳食を赤ちゃんに与えていきます。このときに基本的には味をつけたりせず、素材本来の味やだしを使って離乳食を作ります。※2

その際、赤ちゃんの消化や咀嚼の発達に合わせて、素材を柔らかくしたり塩分を薄めたりするのに重要になってくるのがお水です。

特に生後5か月はお米をすりつぶした10倍がゆや滑らかなポタージュ等、飲み込みやすいものを離乳食として使うのでミルクと同様に、使うお水に気を使うことが大切です。 赤ちゃんの身体に負担がかかる硬水は使わず、軟水の天然水を使うことで、素材本来の優しい味の離乳食を作ることができます。

赤ちゃんだけじゃない! 子どもの水分補給も気をつけよう

危険なのは赤ちゃんだけでなく、幼児や児童も同じです。子ども(幼児~児童)は体温調節機能が大人と比べて未発達の部分も多く、特に汗をかく機能が未熟で、体に熱がこもりやすく体温が上昇しやすくなります。
全身の水分割合が大人より高いため、外気温の影響を受けやすいです。※3

また、幼少期の子どもは大人よりも身長が低い為、赤ちゃん同様、地面からの照り返しの影響を強く受けます。大人が暑いと感じているとき、子どもはさらに高温の環境下にいることになります。たとえば大人の顔の高さで32℃の時、子どもの顔の高さでは35℃程度の感覚です。※3

水分や塩分の補給は保護者によっておこなわれるため、保護者の対応が不適切だとリスクが高まります。また、遊びに熱中してしまい、暑いのを忘れ熱中症になる場合もあります。

水分補給を習慣にしよう

いかがでしたでしょうか。
赤ちゃんや子どもにとって水分補給はとても大切です。 特に、言葉で伝えることができない赤ちゃんは保護者が頼りです。常に子どもの状態を把握することが大切です。しかしながら、保護者が子どもを気にし過ぎて、自分たちの水分補給を怠っては本末転倒ですので、子どもと一緒に水分補給を心がけましょう。

PREMIUM WATER MOM CLUB(プレミアムウォーター マムクラブ)は、ママの事を考えた特別なプランです。
マタニティから始まり、お子様が成長する大事な時期をしっかりと考えているママに、安心・安全なウォーターサーバーと天然水をお得にご利用いただけます。

 

あわせて読みたい「暮らしと天然水」に関する記事

参考文献

  • ※1 ゼロから理解する水の基本(監修・千賀裕太郎)
  • ※2 最新! 離乳食新百科mini(ベネッセ/2019年)
  • ※3 子どもの病気 熱中症(国立研究開発法人 国立成育医療研究センター)