ウォーターサーバー・天然水の宅配サービスならシェアNo1のプレミアムウォーター【公式】

「温泉」と「銭湯」の違いとは? 調べてみると意外な違いが!

温泉や銭湯、これらはどれも広いお風呂があって、解放感や心地良さが味わえるという共通点があります。

しかし、具体的に何が違うのかと言われると、正確に答えられる人はあまり多くはないでしょう。 そこで今回は、温泉や銭湯とはどのような定義なのかを明確にして、それぞれの違いを解説します。

「温泉」と「銭湯」ではそもそも管轄も違う!

温泉と銭湯は、入浴するという行動は同じでも実は明確な違いがあるのです。
どのように違うかというと、温泉とはほとんどが自然によって作られたものであり、一方で銭湯とは人工的な公衆浴場であるということです。

また、「温泉」の定義は、環境省の管轄下で「温泉法」として以下のものが定められています。※1

この法律で「温泉」とは、地中からゆう出する温水、鉱水及び水蒸気その他のガス(炭化水素を主成分とする天然ガスを除く。)で、別表に掲げる温度又は物質を有するものをいう。

環境省 温泉法 第2条 引用

この温泉法の別表では、「摂氏25℃以上」若しくは「(定義された内の)いずれかの物質を含むこと」が温泉の条件となっています。
つまり、湧出しているときに25℃以上であれば、成分の条件を満たしていなくとも温泉とされます。そして反対に24℃以下でも溶存物質や遊離炭酸等の温泉法で定義する物質が一定の含有量を認められる場合でも温泉と定義されます。 温かい泉と書いて「温泉」ですが、冷たくても温泉と呼ばれるのは面白いですね。※1

対して、銭湯は読んで字のごとく、お湯で銭(お金)をとる、お風呂のことです。銭湯という名前は既に鎌倉時代の文献にもあるほど、古くからある文化です。※2

法律上では、温泉は温泉法により環境省の管轄下にありますが、銭湯に関しては特化した法律はないという違いもあります。
なお、貯湯槽に注入されてからの温泉水は、衛生管理という面から、銭湯をはじめとする他の浴場と合わせて、公衆浴場法によって厚生労働省の管轄となります。

そのため、温泉は環境省の管轄、銭湯は厚生労働省の管轄という違いがあるのです。

銭湯の歴史は6世紀から!?

そもそも、日本の「入浴」の起源は、仏教が伝来した際に広がったとされているそうです。※2
元々は仏像をお湯で洗うための寺院の本堂の傍らに浴殿という建物が建てられ、寺院で修業をしている僧だけでなく、施浴(寺院等で一般人へ浴室を開放して入浴を施すこと)へ発展していったのです。
奈良県の東大寺には、大湯屋と呼ばれる歴史的建造物が残っており、現在では重要文化財として登録されています。

また、昔の「風呂」の意味は蒸し風呂を指し、現在の浴槽に身体がつかるような構造物は、湯屋・湯殿等といって区別されていました。ですが、現在のように浴槽にお湯を張り、身体をつける形がいつ確立したかはわかっていません。

現在の入浴方法が一般化したのは、江戸時代に入ってからと考えられています。初めに板風呂、戸棚風呂と呼ばれる浅くお湯を張ったお風呂が登場し、1614年には全身をお湯につかる据風呂や水風呂(すいふろ)と呼ばれるお風呂ができました。

そして日本には多くの温泉が湧出していることも相まって、やがて入浴文化が全国各地に広がっていったのです。

今では日本の温泉は、世界に誇る「温泉大国」として広く知られるようになりました。 環境省が発表している「平成30年度温泉利用状況」では、全国の温泉地数(宿泊施設のある場所)が2,982か所あるとされています。
そして年間宿泊利用者数は、1億3056万3552人にものぼります。北は北海道から、南は沖縄まで、温泉地がない都道府県は、全国にひとつもないのです。

入浴前後の水分補給を忘れずに!

人間の身体にはたくさんのお水が循環しています。お水を体内に取り込み正常に排出することで、体内の水分を巡らせることができます。そのためには代謝をあげること(汗をかくこと)がポイントです。
汗をかくためには体温をあげることが必要ですが、急激に運動をおこなったり、熱すぎるお風呂に入ったりするのはかえって身体によくないので、注意しましょう。

なぜ熱いお湯では発汗につながらないかというと、熱いお湯では、皮膚の表面だけが温まり、発汗する前にのぼせてしまうという理由があるからです。
そのため、発汗を促すためにも38~40℃のぬるめのお風呂に入ることがベストとされています。※3
季節関係なく長湯ができるので、じっくりと身体の芯から温まることができ、発汗につなげることができます。運動から始めるのが億劫な人や運動するための時間が取れない人は、まずはお風呂にゆっくりつかるところから始めてみましょう。

温泉や銭湯、ご家庭のお風呂でも注意する点が1つあります。

それは「水分補給」です。

お風呂に入った後は、体内の水分量が減少しています。そのままだと身体の水分が不足したままになってしまうので、入浴前後にコップ一杯ずつ飲むことを心がけましょう。
入浴前にも水分補給が大事な訳は「水分補給は入浴前? 入浴後? 油断できないお風呂の注意点」で紹介しています。ぜひこちらの記事もお読みください。

いかがでしたしょうか。

意外と知られていない温泉と銭湯の違いや、お風呂の歴史について紹介しました。温泉旅行等の際にはお友達やご家族とお風呂についての話をしながら、ゆっくりのんびりとお風呂につかってみるのも良いかもしれません。

お風呂の前と後には天然水で水分補給 クナイプ バスソルトプレゼントキャンペーン

11月26日 の「いい風呂の日」にちなみ、お風呂時間を楽しむアイテムとして、ドイツのハーバルブランド、クナイプのバスソルトセットをプレゼントいたします。
気温が下がりはじめお風呂が恋しくなる季節に、お風呂前後での水分補給とともにおうち時間をより快適に楽しんでみてはいかがでしょうか。多くのお客様に素敵なおうち時間を過ごしていただけるよう100名様分のプレゼントをご用意しておりますので、ぜひご応募ください。

Webからお申込み

あわせて読みたい「暮らしと天然水」に関する記事

参考文献

  • ※1 温泉の定義(環境省)
  • ※2 入浴と銭湯(中野栄三/2016)
  • ※3 体の不調を治す! 水飲み健康法(監修森下克也/2017)

アンジャッシュ児嶋一哉さん出演!CM動画はご覧になりましたか?

プレミアムウォーターの魅力を日常の中の一コマで描く、家族想いの児嶋パパが垣間見える全12話の新CMを公開中です。