天然水ウォーターサーバーはプレミアムウォーター【公式】

単身の引っ越しにかかる費用は?必要な費用等を事前確認しておこう

作成者:プレミアムウォーター
  • ポストする
  • LINEで送る

新生活や急な人事異動等で引っ越しをする際に、気になるのが費用です。引っ越し先との距離にもよりますが、単身者の引っ越し費用はどのくらいなのでしょうか?

この記事では引っ越しの準備や流れ、料金の相場を知るためのヒントを解説します。また、引っ越し先の生活に困らないよう、1人暮らしでかかる出費や揃えておきたいものも紹介します。

単身専用の引っ越し方法がある

引っ越し事業者には様々なプランが用意されていますが、単身用の割安なパックがあるのをご存知でしょうか。

1人暮らしの引っ越し費用は、単身パックを利用すれば通常の5~7割程度と格安になります。

なぜ単身パックがお得になるかというと、荷物量が少ないことがあげられます。 単身引っ越しパックは「高さ170㎝×幅100㎝×奥行き100㎝」程度の各引っ越し事業者専用のコンテナボックス単位で、値段が変わります。ただし荷物が多く、コンテナボックスに入らない大きな家具がある場合等には、金額が高くなってしまうので注意してください。

また、荷物量の制限がなく、個々の状況に合わせてトラックを手配してくれる「単身向けプラン」もありますが、単身パックよりも料金は高くなります。

引っ越し費用は、「荷物量」「移動距離」「時期」が大きく影響してくるため、これらの要素の中で安くできるものがないか検討してみましょう。引っ越し事業者ごとにそれぞれ特徴がありますので、各社を比較して、荷物の量をアプリ等でシミュレーションしてみることをおすすめします。※2

引っ越しの準備や流れは?

引っ越しが決まったら、まず何から始めれば良いのでしょうか。引っ越しの準備を流れに沿って説明します。

① 見積もり

引っ越し事業者をいくつかピックアップしたら、連絡をして見積もってもらいましょう。近年増えてきた一括見積もりで、各社を比較するのも良いでしょう。その際は荷物の量、引っ越し先の住所、引っ越し日を把握しておく必要があります。

② 契約~荷造り

引っ越し事業者を決めたら契約をし、集荷日前日までに荷造りをしておきます。衣類や食器、本等の小物は、ダンボールに入れておかないと運んでくれないので注意しましょう。事業者がダンボールの提供を無償でしているかどうかも事前に確認しておくポイントです。
また、引っ越し先ですぐに使うものはまとめておくことをおすすめします。

③ 集荷日当日

家具や家電がある場合には、事業者が緩衝材等で保護して運んでくれます。積み込んだ荷物は、引っ越し先での荷ほどきを考えて、ウォーターサーバーを傾けないように、配送事業者に的確な指示が出せるようにしておきましょう。

④ 引っ越し先に荷物を入れる

荷物が到着する前に、引っ越し先の部屋をある程度掃除しておきましょう。荷物が着いたら、大きな家具等自分で運べないものは事業者がいるうちに部屋に置いてもらいます。あらかじめ、何をどこに置くか決めておくとスムーズです。
最後にダンボールの荷をほどいて、収納すれば引っ越し完了です。

料金の相場を知るためにも見積もりがポイント

引っ越し費用を安くしたいのなら、見積もりをきちんと取ることがポイントになります。そして相場を知るためにも、複数の事業者から相見積もりを取りましょう。

事業者を選ぶ際には、単身引っ越しのプランがある事業者や単身者の引っ越しに特化した事業者に絞ってみるのもポイントです。引っ越し事業者によって得意分野が違うため、同じ条件であっても料金に差が出ることもめずらしくはありません。※2

また、引っ越しの繁忙期は3〜4月なので、この時期は料金が2倍以上になることも。曜日により料金が変動するため、可能であれば引っ越し日を平日にするように調整してみましょう。相見積もりで相場を把握したら、値引き交渉してみるのもおすすめです。

1人暮らしはお金がかかる!?

1人暮らしの出費を考えておこう

1人暮らしの生活にいくらかかるか把握していますか?
単身での生活であっても、意外にお金がかかるものです。収入に対して生活費がどの程度を占めているのか、引っ越しをきっかけに一度しっかり考えておくとよいでしょう。

総務省の家計調査によると2002年の単身者の消費支出は2,096,281円だったのに対して、2021年は1,859,242円でした。この20年で支出額は237,039円も減っています。ところが、光熱費は111,480円から136,298円の約1.2倍増、上下水道代は20,846円から26,952円の約1.3倍増になっています。※3

この数字から生活インフラにかかる費用が上がっていることがよくわかります。しかし、電気やガス、水道等の基本料金はどの世帯にも必ずかかるものです。家賃に含まれているか否か等、引っ越し先がどのような契約になっているかチェックしておきましょう。

1人暮らしに必要なものは?

1人暮らしの生活で揃えておきたいもの

引っ越し先では荷物が届けばすぐに生活できるという訳ではありません。
電気・ガス・水道・インターネットといった生活インフラがすぐに使えるよう、引っ越し前から手配をしておきましょう。もちろん退居する際にも手続きが必要なので、引っ越し準備の際に前の家・新居を同時に手続きしておくことをおすすめします。

以下に生活インフラの手続きを簡単にまとめました。

生活インフラ退去時入居時
電気電力会社に停止の連絡即使用可。電気使用申込書を送付
ガスガス会社に停止の連絡入居1週間前までに開栓時間を予約
水道水道局へ停止の連絡使用前に管轄水道局へ連絡
インターネットプロバイダ&回線事業者に連絡新居で使用するプロバイダ・回線事業者と契約(継続)

また、入居した当日の食事やお風呂、睡眠等の準備が必要です。
当日使用する最低限のキッチン用品やタオル類、着替え、シャンプー、化粧品、寝具等はすぐに出せるよう個別に荷作りしておきましょう。旅行用の大きなスーツケース等があれば、当日使うものをまとめてパッキングしておくと便利です。

引っ越しを機に家具や家電製品を買い替えることもあると思います。1人暮らしに必要な家具や家電製品をリストアップしておくと、予算が組みやすくなります。

1人暮らしに必須の家具や家電製品

【家具】

  • ベッド(寝具)
  • カーテン

【家電】

  • 冷蔵庫
  • 洗濯機
  • 電子レンジ
  • エアコン(部屋についていない場合)
  • 照明(部屋についていない場合)
  • 炊飯器(自炊をする場合)

1人暮らしで最低限必要な家電はしっかりと認識しておきましょう。
家電量販店では「冷蔵庫+洗濯機+電子レンジ」等、セットで販売されている場合もあるので調べてみてください。家の広さや生活に必要なのかどうかを吟味しながら、サイズやスペック等を考えて選ぶようにしましょう。忘れがちなカーテンは、防犯のためにもしっかりと用意しておくようにしましょう。

1人暮らしにあると便利な家具や家電

【家具】

  • テーブル
  • デスク+椅子
  • ソファ

【家電】

  • 掃除機
  • 空気清浄機
  • 衣類乾燥機
  • パソコン
  • 電気ケトル
  • ウォーターサーバー 等

ある程度のお部屋のスペースに余裕があれば、テーブルやソファ、デスク等は在宅ワークが多い方はとても便利です。
また、広さによって掃除機も候補に入るかと思います。そういった際は吸引力の持続はもちろんですが、コードレスや騒音問題等も確認しておきましょう。

少量のお湯を沸かすだけであれば、電気ケトルでも事足りますが、単身生活で便利な家電のひとつにウォーターサーバーがあげられます。いつでもおいしい冷水・温水が使えるので、水分補給だけでなく、お茶やコーヒーをいれるのにもとても便利です。

ウォーターサーバーにはメリットがいっぱい

1人暮らしは仕事や勉強のほかにも、食事の準備や片付け、洗濯等をすべて自分一人でおこなわなければならないので、何かと手間がかかるものです。そこでおすすめしたいのがウォーターサーバー。
ウォーターサーバーを導入すると定期的にお水が届くため、わざわざ重いお水を買いに行くこともなくなります。プレミアムウォーターのペットボトルであれば、1本に12ℓも入っているので、空のペットボトルの山ができることもありません。

また、美容や健康のためにお水にこだわっている方や、お水をしっかり飲むようにしている方、コーヒーや紅茶、お酒等を楽しむ方にも便利ですし、災害時の備蓄水にもなるので、いざという時にも安心です。
卓上サーバーやコンパクトなもの、おしゃれなサーバー等バリエーションも豊富なので、お部屋のインテリアとしても一役買ってくれます。

引っ越しを機に、ウォーターサーバーの導入を検討してみてください。

1人暮らしに人気のウォーターサーバー

1人暮らしの方に人気のあるウォーターサーバーを紹介します。

【スリムサーバーⅢ(ロングタイプ・ショートタイプ)】

横幅270㎜と、スリムなウォーターサーバーです。ワンルームに置いても場所を取らず、導入しやすいサイズです。ショートタイプを選べば、卓上に置けるためさらに場所を取りません。

エコセンサーが部屋の明るさを感知して、自動的に温水タンクの電源をオフにするエコモードも搭載しています。

【cado×PREMIUM WATERウォーターサーバー】

お水ボトルをウォーターサーバー下部に設置する下置きタイプです。お水交換のために高い位置まで持ち上げる必要がなく、女性でも楽にお水交換できます。デザインもスタイリッシュなので、お部屋のインテリアとしても最適。エコモードや加熱クリーンシステム等、多彩な機能も備わっています。

さらに「プレミアム安心サポート」に加入することで、引っ越しサービスが利用できます。引っ越しサービスを利用いただければ、新居に新しいウォーターサーバー(同等機種)とお水ボトル2本が無料で届き、慌ただしい新生活でも安心できます。

単身者の引っ越し費用をしっかり確認しておこう

1人暮らしの引っ越しには単身パックがリーズナブルです。
引っ越し費用は荷物量・移動距離・時期で変動するので、適正価格で引っ越しするには、必ず相見積もりを取るようにしましょう。

また、新居で快適に生活するには家具や家電も必要です。引っ越しは費用がかかるものですが、何にどの程度費用がかかるかを把握して、新生活のスタートをきりましょう。

あわせて読みたい「暮らしと天然水」に関する記事

参考文献

  • ポストする
  • LINEで送る

天然水本来のプレミアムなおいしさ「プレミアムウォーター」の天然水ってどんなお水?

シェアNo.1の天然水ウォーターサーバーは「プレミアムウォーター」

豊富なデザインで業界シェアNo.1のプレミアムウォーターでは、非加熱のこだわりの天然水をご自宅にお届けいたします。