天然水ウォーターサーバーはプレミアムウォーター【公式】

ウォーターサーバーの維持費が知りたい!どうすれば少しでも節約できる?

  • ツイートする
  • LINEで送る

ウォーターサーバーを利用したいけれど迷っているという方の中には、維持費がどのくらいかかるのか知りたいという方もいるのではないでしょうか。

せっかくウォーターサーバーを導入するのでしたら、失敗したくないと思われるのは当然のことです。

この記事では、ウォーターサーバーの維持費やその内訳と維持費を節約できるポイントを紹介します。ウォーターサーバーを検討する際の参考にしてみてください。

月々の維持費の内訳は?

ウォーターサーバーの月々の維持費の内訳は、会社にもよりますが、大まかに分けてサーバーレンタル料・お水の代金・お水の送料・電気代・ウォーターサーバーのメンテナンス料の5つとなります。

ここでは、それぞれの項目について解説します。

サーバーレンタル料

サーバーレンタル料は、ウォーターサーバーをレンタルするためにかかる料金です。

多くの会社では、ウォーターサーバーのレンタル料が無料の機種を用意していますが、高機能な機種やデザインの優れた機種をレンタルする際には、有料となっているケースがみられます

また、会社によってはお水の注文本数等の条件によって無料にしている場合や、そもそもレンタル料が無料のウォーターサーバーを提供していない会社もありますので確認が必要です。

お水の代金

ウォーターサーバー会社が提供するお水は基本的に天然水とRO水の2種類です。

「天然水」とは、特定の水源となる地下から採水されたお水に安全に飲める処理を施したお水で、その中でも天然ミネラルが含まれているお水をナチュラルミネラルウォーターと言います。

「RO水」とは、天然水や水道水をRO膜でろ過したお水のことで、不純物やミネラルが取り除かれています。後から人工的にミネラルを添加したミネラルウォーターもあります。

会社によって毎月の注文ノルマや、最低注文本数が決まっている場合があるので、検討段階で確認しておきましょう。

送料

ウォーターサーバーの会社では一部を除き、自宅やオフィス等、ウォーターサーバーを設置している住所までお水を配送しています。配送事業者や自社の配送網を利用して届ける仕組みです。

送料は、無料のことが多いですが、採水工場から遠い地域や離島等では有料の場合もあるため、念のため確認しておきましょう。

電気代

ウォーターサーバーの維持には電気代が必要です。ウォーターサーバーは、常温のお水を冷水にしたり、温水にしたりするために電気を使用します。

さらに、下置きスタイルのウォーターサーバーでは、お水をくみ上げるためにも電気を使います。

会社によって異なりますが、エコモード搭載のウォーターサーバーや省エネ使用のウォーターサーバーを導入すれば、従来のウォーターサーバーよりも電気代を節約できます。

メンテナンス料

ウォーターサーバー会社や機種によっては、定期的なメンテナンスが必要な場合もあります。

天然水のワンウェイシステムを採用している会社は、ほとんどがメンテナンスフリーのウォーターサーバーを扱っているため、基本的にメンテナンス料は発生しません。 プレミアムウォーターの場合は、サーバーのお手入れをお客様ご自身でおこなっていただくことで、定期的なメンテナンスは不要でご利用いただけます。

一方で、リターナブルシステムを採用している会社の場合の多くは、定期的なメンテナンスが必要となる可能性が高いので、メンテナンス料やサポート料がかかることがあります。

維持費が安いウォーターサーバーを選びたい!節約できるポイントは?

ウォーターサーバーを導入するなら、維持費が安いウォーターサーバーを選びたいと思う方も多いのではないでしょうか。ここでは、維持費の節約ポイントについて解説します。

月にどのくらいお水を使うかを決める

お水の代金は、ウォーターサーバーの維持費の中で、大きな比率を占めています。送料が有料の場合でも同じです。配送頻度や追加注文によって、維持費は大きく変わるため、月にどの程度のお水を使うかを決めておくとよいでしょう。

絶対に必要な機能や条件を決める

ウォーターサーバーを導入する際のこだわりポイントを決めておくことも大事です。

天然水とRO水の選択、エコモードの有無、レンタル料が無料か有料かといったことを決めておくと比較検討が容易になります。意外と忘れがちですがどこに設置するのか、周りの家具との調和のための色選び等もあらかじめ決めておくと導入時にスムーズです。

お得なプランやキャンペーンを利用する

ウォーターサーバー会社は、各社それぞれのプランがあり、定期的にキャンペーンを開催しています。内容は会社によって異なるため、比較検討して自分にあったプランやキャンペーンを見つけましょう。

維持費の面でもおすすめ!プレミアムウォーターのウォーターサーバー

プレミアムウォーターは、維持費の面からでもおすすめできます。ここでは、維持費を抑えることができる人気のプランと多種多様なウォーターサーバーの機種を紹介します。

プラン

1.「3年契約でお得に!PREMIUM3年パック」

PREMIUM3年パックは、3年間契約するとお得になるプランです。プレミアムウォーターが提供するプランの中でもっとも人気があります。

基本プランであれば、お水の料金が1セット(12ℓ×2本)で4,233円(税込)ですが、PREMIUM3年パックでは、3,974円(税込)となるので、1セットあたり259円もお得になります。

2.「ママ・パパに嬉しいPREMIUM WATER MOM CLUB」

PREMIUM WATER MOM CLUBは、プレミアムウォーターが子育てを応援する特別なプランです。対象は、妊娠中のママや5歳以下の子どもがいる家庭です。

1セット(12ℓ×2本)の価格は、3,283円(税込)のため、基本プランと比べると950円もお得になります。

さらに、お水の交換が簡単な下置きスタイルのサーバー「cado×PREMIUM WATER ウォーターサーバー」のレンタル料も1,100円/月(税込)が550円/月(毎月お水ボトル2セット以上の注文)になります。

エコモード搭載のサーバーが多い!

電気代が気になる方には、エコモードが搭載されている機種を紹介します。

ウォーターサーバー

1.「スリムサーバーIII(ロングタイプ)」

スリムサーバーIIIのロングタイプは、4色のサーバー本体と3色のボトルカバーを自由に組み合わせて自分の好きなコーディネートができるウォーターサーバーです。

従来のものよりも温水タンクの保温性を高めて消費電力が抑制できるように改良されています。また、光センサーにより稼働するエコモードを搭載しているため、お部屋が暗くなれば自動的にエコモードが稼働します。

月額電気料金は、通常使用時で約630円、エコモード使用時では約500円に節約できます。

  • ※ JDSA基準(1804)による測定結果。
  • ※ お客様のご使用状況により電気料金は変わります。
  • ※ 温水・冷水ともに、各600㏄/日、36L/月使用時、27円/kwhとして算出。
  • ※ エコモード使用時(6時間/日)の電気料金は通常の約2割減が目安です。

2.「スリムサーバーIII(ショートタイプ)」

スリムサーバーIIIのショートタイプは、ロングタイプの性能をそのままに卓上にも置けるサイズになっていますので、限られたスペースに設置できるため人気です。

ロングタイプ同様に温水タンクの保温性を高めているため、通常使用時の消費電力を抑えることができています。

また、光センサー稼働のエコモード搭載で、お部屋が暗くなれば自動的に温水タンクの電源がオフになるため消費電力を削減できます。

月額電気料金は、通常使用時で約790円、エコモード使用時では約630円に節約できます。

  • ※ JDSA基準(1804)による測定結果。
  • ※ お客様のご使用状況により電気料金は変わります。
  • ※ 温水・冷水ともに、各600㏄/日、36L/月使用時、27円/kwhとして算出。
  • ※ エコモード使用時(6時間/日)の電気料金は通常の約2割減が目安です。

3.「cado×PREMIUM WATER ウォーターサーバー」

cado×PREMIUM WATER ウォーターサーバーは、デザイン性に優れたエコロジーで高機能なウォーターサーバーです。

かがまずにお水を注げるうえに、お水ボトルの交換が簡単な下置きスタイルとなっています。

また、光センサー稼働のエコモードを搭載しているため、お部屋が暗くなれば自動的に温水タンクの電源がオフになり電気を節約できます。

月額電気料金は、通常使用時で約840円、エコモード使用時約670円に節約できます。

  • ※ JDSA基準(1804)による測定結果。
  • ※ お客様のご使用状況により電気料金は変わります。
  • ※ 温水・冷水ともに、各600㏄/日、36L/月使用時、27円/kwhとして算出。
  • ※ エコモード使用時(6時間/日)の電気料金は通常の約2割減が目安です。

4.「QuOL(キュオル)」

QuOL(キュオル)は、温水と冷水に加え常温のお水も利用できます。ジョグダイヤルで各種操作ができるうえに、音声ガイダンス機能もついていますので、誰もが使いやすくて、やさしいウォーターサーバーです。

2018年度にはグッドデザイン賞も受賞しています。夜間や外出時には省エネモードをONにするだけで消費電力を抑制します。

月額電気料金は、通常使用時で約1,188円、省エネモード使用時で約1,080円に節約できます。

  • ※ JDSA基準(1804)による測定結果。
  • ※ お客様のご使用状況により電気料金は変わります。
  • ※ 温水・冷水ともに、各600㏄/日、36L/月使用時、27円/kwhとして算出。
  • ※ 省エネモード動作目安:6時間/日。24時間動作の場合、通常使用時の約45%減が目安です。

維持費以外にかかる費用は?

ウォーターサーバーは、月額の維持費以外に下記の費用がかかる場合が多いため、ここで確認しておきましょう。

  • 初期費用
  • 初期費用が必要な会社は少ないのですが、サーバー設置料や高機能サーバーを導入する場合に必要になるケースがあります。

  • 配送休止手数料
  • ウォーターサーバー会社の多くは、定期配送の契約となっているため、決められたタイミングでお水ボトルが配送されてきます。

    まだお水が残っていたり、長期間の留守にしたりするときは、会社によって異なりますが配送の停止が可能です。お水の配送を停止する場合には、配送休止手数料や事務手数料が発生する場合があります。

  • 解約金、違約金
  • ウォーターサーバーの契約には、最低契約期間が設定されているケースがほとんどです。この期間内に解約する場合は、解約金や違約金が発生します。そのため、契約時に確認しておくことをおすすめします。

    上記の費用は、ウォーターサーバー会社によって異なりますので、検討段階で確認しておくと良いでしょう。

    細かな内訳と総額を比較して、維持費がお得なウォーターサーバーを選ぼう!

    ウォーターサーバー会社は、様々なプランを提供していて、多くの機種をラインナップしています。維持費は、毎月支払う料金ですので、細かな内容をチェックして総額を比較することが大切です。

    維持費を抑えたウォーターサーバーを選ぶのなら、プレミアムウォーターがおすすめです。PREMIUM3年パックやエコモード搭載の機種等を利用すれば、家計にやさしいウォーターサーバーを導入できます。ぜひ導入を検討してみてください。

    Webからお申込み

    あわせて読みたい「暮らしと天然水」に関する記事

    • ツイートする
    • LINEで送る

アンジャッシュ児嶋一哉さん出演!CM動画はご覧になりましたか?

プレミアムウォーターの魅力を日常の中の一コマで描く、家族想いの児嶋パパが垣間見える全12話の新CMを公開中です。