天然水ウォーターサーバーはプレミアムウォーター【公式】

和らぎ水と日本酒の関係とは? 日本酒についてのあれこれ

  • ツイートする
  • LINEで送る
和らぎ水とは

お酒とは、節度ある正しいつきあいをしていきたいものですよね。お酒は「食べながら、ゆっくり飲む」というのが上手な飲み方の基本です。

今回は、日本酒の基本的な知識や和らぎ水と日本酒の関係等を紹介します。

日本酒の基礎知識

日本酒の基礎知識

日本酒の種類は8種類

日本酒を飲むときに「純米」や「大吟醸」等の名前を聞いたことがあると思いますが、その違いがあることや、しかも日本酒の種類が8種類もあることはご存知でしょうか?

皆さんが普段から飲んでいるお酒はどんなものがあるでしょうか。 ビールやワイン、ウイスキー等、様々なお酒がありますよね。その多くのお酒を大きく分類すると「醸造酒」「蒸留酒」「混成酒」に分けられます。
ワインやビール等が「醸造酒」に、ウイスキーや焼酎等が「蒸留酒」、梅酒やリキュール等が「混成酒」に当たります。 その中でもはるか昔から日本人に親しまれているのが、醸造酒の日本酒です。

一般的な日本酒の主な原材料は、お米と麹、お水から作られています。 それらを使った醸造酒の中で清酒が「日本酒」に分類されるお酒となります。※1
そしてその「日本酒」がさらに細かく次の8種類に分類されているのです。

  • 本醸造酒
  • 特別本醸造酒
  • 純米酒
  • 特別純米酒
  • 純米吟醸酒
  • 純米大吟醸酒
  • 吟醸酒
  • 大吟醸

この8つの種類は、主に酒米をどれだけ削って使用しているかの度合いによって変わる「精米歩合」と、醸造アルコールを原料に使っているかどうかによって分類が変わってきます。

例えば、本醸造酒だと精米歩合が70%以下で原料に醸造アルコールが使用されているもの、純米大吟醸だと精米歩合が50%以下で醸造アルコールが使用されていないものを指します。
ただし、この中で条件が同一な特別純米酒と純米吟醸酒や、吟醸酒と特別本醸造酒については、各酒蔵の判断に任されています。

酒税法による清酒の定義

清酒は日本酒の一種であり、酒税法に定められた定義を満たすものを指します。酒税法上の清酒の定義は以下のようになっています。

三 「清酒」とは、左に掲げる酒類をいう。
イ) 米、米こうじ及び水を原料として発酵させて、こしたもの
ロ) 米、水及び清酒かす、米こうじその他政令で定める物品を原料として発酵させて、こしたもの。(イ又はハに該当するものを除く。)但し、その原料中当該政令で定める物品の重量の合計が米(こうじ米を含む。)の重量をこえないものに限る。
ハ) 清酒に清酒かすを加えて、こしたもの

1. 引用 国税庁 酒税法における「清酒」の定義

そのため、「こす」過程がないどぶろくや、塩等が使われている料理酒は、清酒には含まれないのです。そして2015年に国税庁の「ガイドラインにおいて定める地理的表示の指定要件等について」で原料の定義の中に日本で収穫されたお米と産地内のお水を使用することが義務付けられているのです。※2

このように日本だけでなく世界中から愛されている日本酒は厳密に定められているのです。

日本酒の飲み方に情緒を感じよう

日本酒について

お酒の温度によってお燗と冷やの表現が違う?

赤ワインをおいしく飲む適温は15〜18℃、白ワインをおいしく飲む適温は6〜13℃だと言われます。しかし幅広い温度で楽しむことができるのが日本酒の特徴です。冷やしても温めてもおいしく飲めるお酒は世界でも珍しいです。
一般的には冷やすとすっきりとした味わいになり、温めると甘み等が引き立つと言われています。日本酒は5℃違うだけで味や香りがどんどんと変化する繊細なお酒のため、様々な呼び名があります。

お燗
飛びきり燗55℃以上
熱燗50℃
上燗45℃
ぬる燗40℃
人肌燗35℃
日向燗30℃
冷や
涼冷え15℃
花冷え10℃
雪冷え5℃

熱燗やぬる燗はよく耳にしますが、こんなにも呼び名があることをご存知の方は少ないのではないでしょうか。 日向燗や花冷え等はとても情緒を感じさせて、表現の幅の広い日本らしいぴったりの名付けですね。

温めた日本酒は全体的にまろやかになるので、角のある日本酒等は燗をつけることで飲みやすくなります。逆を言えばすっきりとした味を楽しみたい場合は冷やしてみると同じ日本酒でも印象が変わってきます。

「この日本酒は自分に合わないかも」と思ったら、温度を変えるだけで味わいも香りも変わるので好みの味を見つけられるかもしれません。

和らぎ水と日本酒の関係

和らぎ水と日本酒の関係

和らぎ水という言葉をご存知ではない方もいると思いますが、実はこの和らぎ水、日本酒とは切っても切れない縁で結ばれたものなのです。 ここではその関係についてお教えします。

和らぎ水とは

「和らぎ水(やわらぎみず)」とは、日本酒を飲みながら一緒に飲むお水のことです。 お酒の合間に口の中を一度リセットすることで、次の一杯も繊細な日本酒の味を楽しむことができます。
和らぎ水と日本酒を一緒に飲むことは日本酒造組合中央会でも推奨されています。※3

酔いすぎ防止も兼ねる

当然ですが、日本酒にはアルコールが含まれています。そのアルコールには脱水作用があり、アルコールを多量に摂取すると二日酔いの原因の1つである脱水症状を引き起こす可能性が高くなります。
ですが、和らぎ水を日本酒と共に飲むことで、脱水症状になる可能性を低くしてくれるのです。※4

ではどれくらい飲めばいいのかというと、一般的な和らぎ水の飲み方としては、酒:水=1:1の割合で飲むと良いと言われています。日本酒を飲み、お水を飲むというように、交互に飲んでいくのが酔いすぎ防止になってくれるようです。
この際に、常温の和らぎ水を用意するのがおすすめです。常温の和らぎ水であれば熱燗を飲んでいても、冷やを飲んでいても邪魔をすることなくすっきりとリセットできます。

また、和らぎ水としてふさわしいのは「軟水」のお水です。
なぜなら、日本のお水のほとんどが軟水であるため、日本酒を作る多くの酒蔵で軟水が使われてるからです。お酒で使われたお水と和らぎ水、両方とも軟水で合わせるのが望ましいとされています。
プレミアムウォーターのお水も軟水なので、和らぎ水として最適です。

なお、硬水のお水はミネラルを多く含んでいるためお水自体の個性が強く出てしまい、日本酒の繊細な味の邪魔をしてしまう場合がありますので和らぎ水としておすすめできません。

ゆったりとお酒を楽しむための和らぎ水をお供に

和らぎ水について

日本酒のアルコール度数は約15%前後のものが多いです。これは醸造酒の中でも比較的アルコール度数が高いと言えます。 そのため、和らぎ水をこまめに飲んで、身体の脱水を防ぐことが大切になってきます。

お酒を飲む間に和らぎ水をはさむことで、二日酔いをしにくい飲み方ができるだけでなく、日本酒本来の味わいや香りを楽しむこともできます。 今度日本酒を飲むときは、合間に和らぎ水をはさみながら、ゆっくりと楽しんでみてくださいね。

Webからお申込み

あわせて読みたい「暮らしと天然水」に関する記事

参考文献

  • ※1 おいしい日本酒の教科書(宝島社/2015)
  • ※2 ガイドラインにおいて定める地理的表示の指定要件等について(国税庁)
  • ※3 「和らぎ水のすすめ」(日本酒造組合中央会)
  • ※4 ゼロから理解する水の基本(監修・千賀裕太郎/2013)
  • ツイートする
  • LINEで送る

アンジャッシュ児嶋一哉さん出演!CM動画はご覧になりましたか?

プレミアムウォーターの魅力を日常の中の一コマで描く、家族想いの児嶋パパが垣間見える全12話の新CMを公開中です。