ウォーターサーバー・天然水の宅配サービスならシェアNo1のプレミアムウォーター【公式】

湧水とは? ミネラルウォーターの原材料はご存知ですか?

日本全国でこんこんと湧き出る湧水。ところで「湧水」とはどんな水のことかご存知ですか。また、ミネラルウォーターの原材料表示に記載されている「水(鉱水)」とはどのようなお水で、湧水とはどのような関係があるのでしょうか。

今回は、日本のお水がもっと身近に感じられるよう、湧水の定義から湧水の名所、お水の大切さについて紹介します!

湧水の定義ってなに? 実は細かい!原水の種類

世界文化遺産「富士山-信仰の対象と芸術の源泉」の構成資産として登録されている静岡県の景勝地「白糸ノ滝」があります。
この滝は、富士山の雪解け水が、上部のお水を通す地層と下部の通さない地層の境の絶壁から湧き出していて、その様が絹の糸を垂らしたようであることから、その名がついています。このように地下水が地層の間等を通って地上に湧き出ることを「湧出」と言い、そのお水のことを「湧水」と呼びます。

また、「湧水」には、お水がきれい、飲むとおいしい等、様々なイメージがあるかと思います。ですが、湧水の定義はあいまいで、湧水の中には濁っているものや、そのままでは飲めないものもあります。

ここでは農林水産省通達のミネラルウォーターの品質表示ガイドラインに定められた主な原水の種類を元に、湧水とは何かを見てみましょう。

主な原水の種類
浅井戸水浅井戸からポンプ等により取水した地下水
深井戸水深井戸からポンプ等により取水した地下水
湧水不圧(自由面)地下水、被圧地下水の区分によることなく、自噴している地下水
鉱泉水自噴する地下水のうち水温が 25℃未満の地下水であり、かつ、溶存鉱物質等により特徴付けられる地下水
温泉水自噴する地下水のうち水温が 25℃以上の地下水、又は、温泉法第2条に規定される溶存鉱物質等により特徴付けられる地下水のうち飲用適のもの
伏流水上下を不透水層にはさまれた透水層が河川と交わるとき透水層内に生じる流水
鉱水ポンプ等により取水した地下水のうち溶存鉱物質等により特徴付けられる地下水

湧水とは、自噴(自然に地下から地表に湧出する現象)している地下水と定義されています。鉱物質等(ミネラル)が含まれている場合は、鉱泉水や温泉水となりますが、広義の意味では「湧水」に含まれます。
ポンプ等を使った場合は、同じ地下水であっても湧水とは言わない、ということもポイントです。

また、お水を商品として販売する際、原水の種類を原材料名として必ず表記しなければいけません。 プレミアムウォーターの天然水は、「原材料:水(鉱水)」です。
地表に湧き出たお水をそのまま採水しているわけではなく、ミネラル成分が含まれたお水を地下深くからポンプで採水しているので、原水の種類としては「鉱水」となります。

日本の名水でも飲めないものがあるって本当!?

日本全国の自然豊かなところで「名水」という言葉をよく目にすると思います。
これは、環境省が全国に存在する河川や湧水の啓蒙普及を図り、また水質保全への認識を深めることを目的として、昭和60年制定の「名水百選」や平成20年制定の「平成の名水百選」で200か所が選定されたものです。
また、「名水百選」選定から30周年を迎えたことを記念して、平成27年度に200か所の名水(191市町村)より立候補した名水を投票する形で、「名水百選」選抜総選挙が実施されています。

先ほど湧水でも「そのままでは飲めないお水もある」とお伝えしましたが、名水に選ばれているお水でも、すべての名水が自然のまま飲めるわけではありません。飲む場合は、所在の自治体に確認する必要があります。

では、どういった場所が名水として選定されているのでしょうか。
「名水百選」選抜総選挙で選ばれたものから「観光地として素晴らしい名水部門」「景観が素晴らしい名水部門」「秘境として素晴らしい名水部門」の第1位を紹介します。

観光地として素晴らしい名水部門/景観が素晴らしい名水部門1位

安曇野わさび田湧水群(長野県安曇野市)

観光地として素晴らしい名水部門と景観が素晴らしい名水部門で第1位に選ばれています。
特徴として、北アルプスからの雪解け水が地下を通って日量70万トンもの湧水量があります。そして真夏でも水温が15度を超えない清らかなお水は、わさび栽培等循環利用されています。

秘境として素晴らしい名水部門1位

鳥川ホタルの里湧水群(愛知県岡崎市)

秘境として素晴らしい名水部門の第1位に挙げられているのがこちらの湧水群です。
その名のとおり「ゲンジボタル」の生息地として知られています。毎年時期になると多くの人が訪れます。安定した水量と澄んだ水質が特徴です。

日本にはこのように各地で名水と呼ばれるお水があり、それらは地域住民等によって水環境の保全活動がおこなわれて保たれています。

世界に誇る日本のお水のすごさとは

なぜ日本にはこんなにも名水と呼ばれるお水が多いのでしょうか。紐解いていくと、日本の歴史や風習から知ることができます。

日本の主食を支えるお米

お米は世界に誇る和食の主食です。 もちろん、作物にとっても稲にとっても、成長のために最も重要な要素のうちの一つがお水です。光合成をおこない、太陽光と二酸化炭素、水分がなければ成長できません。

山のミネラル分を含んだ地下水が湧水した自然の川のお水を水田に引くことで、稲作には連作障害(毎年同じ畑を使うと地中内の養分バランスが崩れること)がなく、育成が衰えることがありません。※1

お水には他にも大切な役割があります。それは寒さや暑さから稲を守ることです。 例えば、寒さが厳しいときはお水を深く張ることで保温をする等、稲にとってお水はなくてはならない存在なのです。

日本の気候風土が栽培に適していてなおかつ、お水が身近に存在したからこそ、稲は日本各地で栽培され、日本人の主食となり、現在では和食としてユネスコ無形文化遺産に登録されるまでになったといえるのではないでしょうか。※2

「SAKE」で親しまれる日本酒

日本酒とは、基本的にお米と麹、お水が主な原料となる醸造酒、その中の清酒のことを指します。
また、日本酒の特徴として、お米を使用しそして「濾す」工程が必ず入っていなければなりません。※1

日本酒の成分の約80%は水分です。日本酒を作る工程はお酒ごとに異なりますが、酒造りに使われるお水は「仕込み水」と呼ばれ、とても重要な役割を持っています。
この仕込み水の水質によって日本酒の味は大きく変化します。そのため、酒蔵のほとんどは良質なお水がある水源地の近くに位置しています。 一般的に軟水を使った日本酒は軽くきれいな味に、硬水を使った日本酒はどっしりとしいてかつキレのある味になるそうです。※3

日本酒は国内の品評会にとどまらず、世界最大規模のワイン品評会の「IWC (International Wine Challenge)」ではSAKE部門が2007年から開催されています。
9つのカテゴリーに細かく分けられ、それぞれのカテゴリーでブラインドテイスティングによる審査がおこなわれています。※4

このように日本酒は世界でも受け入れられ、いまやミシュランガイドの星を獲得しているようなレストランにワインと同じように日本酒が並べられています。

今あげたお米と日本酒の話は、ほんの2例にすぎません。
日本人にとってお水は暮らしの様々なところに根付いていて、お水に対して愛着をもっているからこそ全国に名水地があり、日本人にはお水はなくてはならない存在であることが伝わったかと思います。

プレミアムウォーターのお水は世界も認める味

前段で紹介した通り、日本の天然水は世界にも通用するおいしさです。

プレミアムウォーターの天然水(採水地:富士吉田)は、「2020年 モンドセレクション」において優秀品質金賞、「2020年 International Taste Institute(国際味覚審査機構)」において優秀味覚賞2つ星を受賞したことにより、8年連続のW受賞となっています。

  • ※モンドセレクション優秀品質金賞8年連続受賞(2013~2020年)
  • ※International Taste Institute優秀味覚賞8年連続受賞 (2013、2015、2016、2019、2020年:2つ星 /2014、2017、2018年:3つ星)

モンドセレクションとは、優秀品質の国際評価機関として1961年に設立されたベルギー政府系の民間団体です。 審査員は、官能評価、製品品質指標、科学的評価等の様々な角度から評価をおこない、各項目の総合得点によってそれぞれの賞が決められます。※5

また、International Taste Institute(国際味覚審査機構)とは、世界中の味覚的に優れた食品及び飲料品の審査、表彰、プロモーションをおこなう世界有数の独立機関です。 審査員は、ヨーロッパで最も権威ある12の調理師協会及び国際ソムリエ協会(ASI)に属する一流シェフやソムリエで構成されています。

プレミアムウォーターの天然水は、溶存酸素が減少しない「非加熱処理」をおこなっています。そのため、口当たりがやわらかで新鮮、バランスの良いミネラル成分等の評価で、8年連続のW受賞となりました。

これは、日本という土地だからこそ生まれたおいしいお水といえます。

しかしながら近年日本ではこれまでに渇水がたびたび起こり、水道水の断水や農作物の成長不良、工場用水の不足等の被害が起こってしまっているのも事実です。
日本の大切な水資源ですので、未来のためにも安心でおいしいお水について学び、普段飲んでいるお水がどのようなお水なのか気にかけていただけると幸いです。

いかがでしたでしょうか。
今回は湧水やミネラルウォーターの原水について説明しながら、日本のお水についての大切さを特集しました。 皆さんにとってお水に対しての意識が変わり、これからの生活により身近に感じてもらえたら幸いです。

あわせて読みたい「暮らしと天然水」に関する記事

参考文献

  • ※1 ゼロから理解する水の基本(監修千賀裕太郎/2013)
  • ※2 「和食」がユネスコ無形文化遺産に登録されました!(農林水産省)
  • ※3 日本酒の教科書(宝島社/2015)
  • ※4 IWC公式サイト SAKE部門のカテゴリー(International Wine Challenge)
  • ※5 モンドセレクション公式サイト(Monde Selection)

アンジャッシュ児嶋一哉さん出演!CM動画はご覧になりましたか?

プレミアムウォーターの魅力を日常の中の一コマで描く、家族想いの児嶋パパが垣間見える全12話の新CMを公開中です。