天然水ウォーターサーバー・宅配水ならシェアNo1のプレミアムウォーター【公式】

ビジネスマンにオススメの水


毎日の仕事、もっと効率を上げる方法ってないの?

どんなビジネスマンにもこの悩みはつきものだと思います。
実は意外に知られていませんが、あなたの身近なところにその解決方法があるんです。

それは、あなたに馴染みの深い【水】なんです。
水分不足が慢性的に続くと集中力が低下します。

1日に失われる水分はなんと約2.5Lです。
食事などから摂取する水分を考慮し、補給する必要がある水分は約1.2Lとなります。

【参考】「健康のために水を飲もう講座」ポスター|厚生労働省

デキるビジネスマンは常に水を飲みながら集中力を維持する工夫をしています。
喉が渇いた時点で人間の体から2%の水分は不足している状態と言われていますので、常に少しずつ飲み続けることが重要です。

【参考】「熱中症環境保健マニュアル 2018」|環境省熱中症予防情報サイト|厚生労働省

今回は、水と仕事効率アップの関係性や、オススメの水分補給法を紹介します。

1. 水分補給と仕事効率

1-1. 水を飲んで脳を活性化する

できるビジネスマンは、長時間の仕事も難なくスマートにこなしたいもの。
しかし、集中力が思うように長続きしない…という経験をお多くの方がお持ちなのではないでしょうか。
そんな時は、定期的にコップ1杯の水を飲んで、脳を活性化させましょう!

実は、脳の約80%は水分でできています。
そのためからだの水分不足が脳の活動にも影響します。

【参考】「健康のために水を飲もう講座」ポスター|厚生労働省

1-2. カフェイン(コーヒーやお茶)には注意する

気づけばデスクの上にコーヒーの空き缶ばかり並んでいる。という方は、要注意です。

カフェインが多く含まれるコーヒーやお茶は、利尿作用もつよいため、同量の水分が失われると思ってください。

【参考】「健康のために水を飲もう講座」ポスター|厚生労働省

カフェインを摂取することで、一時的に集中力が高まったとしても水分は不足していますので、長続きしません。

カフェインが含まれる飲料は適度に抑えることと、意識して水の摂取量を増やすことを心がけてください。

【参考】カフェインの過剰摂取について|農林水産省

2. 水の種類と効能

とはいえ、水道水を飲むには抵抗がある方もいらっしゃると思います。
そこで活躍するのがミネラルウォーターです。
今では自動販売機やコンビニなど手軽に購入できる安心・安全な水と言えます。

ミネラルウォーターには、軟水と硬水という2種類が存在します。
水の硬度とは、水の中に含まれるカルシウムとマグネシウム等の配合割合で決まります。
硬度120mg/L以下の水が「軟水」それ以上を「硬水」と分類します。

【参考】硬度とはどのような概念なのですか。|日本ミネラルウォーター協会
Hardness in Drinking-water| WHO

2-1. 軟水の特徴

軟水は含まれているミネラル成分が硬水に比べると少ないため、胃腸への負担が少ないという特徴があります。
よって、胃腸が弱い人やお年寄り、赤ちゃんが飲むのにも適しています。

【参考】食品健康影響評価の結果の通知について|食品安全委員会

【参考】水質基準の見直しにおける検討概要「21005:硬度(カルシウム、マグネシウム等)」|厚生労働省

日本の水道水は、地域によって硬度の差はあるものの、ほとんどが軟水です。
昭和60年からおいしい水の要件として水道水の硬度の目標値を10~100ml/Lと定めているため、日本では水道水も飲むことができます。
昔から日本人に馴染みの深い軟水は、ビジネスマンにとってもオススメの水です。

2-2. 硬水の特徴

硬水の特徴は、なんといってもカルシウムやマグネシウムなどのミネラル成分が多く含まれている点です。
栄養価が高いため、運動後の水分補給として飲むといいとされています。

【参考】Q&A集「硬度とはどのような概念なのですか。」|日本ミネラルウォーター協会

また硬水に多く含まれているマグネシウムにて、腸が刺激され便通を良くしてくれる働きがあります。

【参考】 食品健康影響評価の結果の通知について|食品安全委員会

しかし、硬水は栄養価が高いことによって、胃腸に負担をかけやすく飲み慣れていないとお腹を壊すことがあります。
硬水を飲まれる場合は注意をしましょう。

日本人は普段から軟水を飲むことに慣れているため、硬水の味が合わない、と感じる方も多いようです。
まずは、硬水の中でも硬度の低い水から飲み始め、徐々に体や味覚を慣らしていくのも良い方法だと思います。

3. デキるビジネスマンの水の飲み方

1日に必要な水分摂取量は約1.2Lとなります。

しかし、1日に1.2Lもの水を飲むことは困難に感じるかもしれません。

デキるビジネスマンは1日の中でもポイントをしっかりおさえ、水を飲んで仕事効率アップにつなげています。
どんなタイミングで水分補給すればいいのか、デキるビジネスマンの水分補給法を見ていきましょう。

デキるビジネスマンが実践している1日の水分補給法

まだまだ若手のAくんの1日とデキるビジネスマンの1日を比べて見ていきましょう!
水分補給と仕事効率の重要性がよくわかりますよ。

【まだまだ若手のAくんの1日】

7:30 起床
シャワーを浴びて急いで準備します。

8:15 出勤
朝もギリギリまで寝ていたので慌てて出勤します。 朝からまだ何も口にしていません。

9:00 ギリギリ出社
なんとか遅刻せずにすみました。ここで缶コーヒーを飲みます。

10:30 頭がまだまだぼーっとする。
昨日提出した資料で上司からダメだしされイライラ・・・
とりあえずタバコでも吸おう。またコーヒーを飲みます。

12:00 楽しみにしていたランチ
さて今日は何を食べようかな。
朝から何も食べてないからがっつり食べたいな。

13:00 午後の仕事開始
お腹いっぱい食べたし満足した。
さて仕事始めるか。

14:00 あれ眠たい・・・
お昼食べ過ぎて眠くなってきたな・・・

15:30 休憩
なんとか眠気もなくなったけど、頭はぼーっとしたまま。コーヒー飲んでリフレッシュするか。

17:00 ラスト1時間
よし、あと1時間で今日も終わり。今日はどこに飲みに行こうかな。

18:00 同僚と飲みへ!
ビール、ビール、ハイボール・・・
結局2軒行っちゃった・・・ あー気持ち悪い。

24:00 帰宅

24:15 就寝
飲みすぎて気持ち悪い・・・ そのまま寝よう・・・

こんな生活しているといつか身体を壊してしまいそうですね。
明らかに1日に必要な水分は足りていません。
若さだけでもっているような1日ですね。

さて続いてデキるビジネスマンの1日を見てみましょう。

【デキるビジネスマンの1日】

6:30 起床
デキるビジネスマンは寝起きにコップ1杯の水を飲むところからスタートします。
体に朝が来たと教えてあげましょう。水を飲むことで体が朝だと認識します。
寝ている間に不足した水分もこれで補うことができます。
さらに、カーテンを開けて太陽の光を浴びながら飲むとなお良いと言えます。
太陽の光を浴びることで眠気を誘うホルモンの分泌がストップします。
朝からスッキリした状態で仕事に取り組めます。

7:00 朝ごはん
朝ご飯は軽めにかつ、栄養バランスを考えた食事でしっかりとります。
朝ご飯で体温を上げて体を仕事モードに切り替えましょう。もちろん、ここでも1杯の水を飲みます。

8:00 出勤

9:00 始業
1日の始まりです。 1杯の水を飲んで仕事に臨みます。

10:30 ちょっと休憩の1杯
デキるビジネスマンはこまめに短い休憩をとりながら仕事のリズムを作ります。
その時もリフレッシュのために1杯の水を飲みます。

12:00 昼食
デキるビジネスマンはお昼ご飯を食べる前にも少し多めに水を飲みます。
水を飲むことで満腹感を得ることができ食べ過ぎ防止につながります。

13:00 午後の仕事開始

14:00 商談開始
重要なプレゼンの前に軽く水を飲むことで気持ちを落ち着かせます。

15:00 休憩
無事商談も終わり一息。 軽く体を動かしてリフレッシュしながら1杯の水を飲みます。

16:30 後輩がなにやら慌てている
後輩がどうやらミスを起こして慌てています。
ここでも1杯の水を飲んで、まずは状況の確認。 水を飲むことで落ち着いて対処することができます。

18:00 取引先との会食
デキるビジネスマンはお酒の席も多いはず。 接待しながらもお酒のグラスの横には必ず水を用意し意識して水も飲みます。
アルコールによって利尿作用が高まりますのでお酒の席での水分補給は重要です。

20:00 最後に1杯
お酒の席で「それでは帰りましょう。」となる前に皆で1杯の水を飲みます。
この1杯が二日酔いの防止につながります。

21:00 帰宅

21:30 入浴
お風呂に入る前と出てからの1杯。 入浴時も水分不足になりがちですのでしっかり補給します。
お酒を飲んでいることもあり、軽めの入浴にとどめます。

22:30 寝る前の1杯
寝る前は白湯を1杯飲んで寝ます。寝ている間には、コップ1杯分の水分が失われると言われています。
寝る前の1杯は良質な睡眠に欠かせません。同じ時間寝てもその質によって翌日の目覚めや疲れの残り方が異なります。

23:30 就寝

デキるビジネスマンはこうして1日の中にいくつか水を飲むタイミングを意識して作っています。
生活リズムを安定させることで、身体のリズムが整います。
水を飲む事で身体のリズムを整えれば仕事効率アップは間違いなしです。

【参考】 「健康のため水を飲もう」推進運動|厚生労働省

4. まとめ

いかがでしたでしょうか?

1日に失われる約2.5Lもの水分を補給するためには、ミネラルウォーターをこまめに摂取することが重要です。
デキるビジネスマンは、1日の中でポイントをおさえた水分補給をすることで仕事効率アップにつなげています。

水には硬水と軟水が存在し、私たち日本人には軟水のミネラルウォーターの方が馴染みやすいです。
水だけで飲むのが苦手という方には、炭酸水で代用することをオススメします。

しっかりと水分補給することで、脳も活性化し集中力を持続できます。
即実践して、今日からあなたもデキるビジネスマンの仲間入りです。