プレミアムウォーターを使ったおいしいレシピ | ウォーターサーバーの宅配なら「プレミアムウォーター」

プレミアムウォーターを使ったおいしいレシピ

みなさまのプレミアムな食卓を応援します。

人の体の約65%は水分といわれ、良い水は健康と美容をサポートしてくれる強い味方。プレミアムウォーターで毎日こまめな水分補給を心がけている方も多いことでしょう。毎日必要な水分は約2~2.5ℓ。そのうち約60%は飲料から、約25%は食べ物から摂取できるといわれています。弱アルカリ性でミネラル分をバランス良く含んだ水=プレミアムウォーターは、カラダに負担をかけることなく栄養素を効率的に摂取することができます。また、プレミアムウォーターは硬度25度の超軟水。日本人が長年親しんできたまろやかな味わいです。

軟水でおいしい、弱アルカリ性でヘルシー、プレミアムウォーターを毎日の料理にも活躍させましょう。

調理に使う水の役割はだし汁などの成分を抽出したり、調味料の味をしみ込ませるなどの働きがあります。たとえば、風味が大切な和風だしは軟水を使った方がだしの成分を引き出すことができます。また、ご飯を炊くときも一般的に軟水が適しているといわれています。重要なのは、米に吸わせる最初の水。米は乾いた状態のときにもっとも水を吸収します。プレミアムウォーターを注いでひと混ぜした後、その水を捨ててとぎ、プレミアムウォーターで炊くとひと味違います。

プレミアムレシピ

健康的な身体を作るにはバランスのよい食事が大切。
仕事疲れ、運動不足からの血行不良など身体の調子を整えるメニューをご紹介します。

栄養士紹介

柴田真希さん

柴田 真希 さん

お料理コーナーの番組出演をはじめ、各種出版・WEB媒体にレシピ・コラムを掲載する他、食品メーカーのコンサルや飲食店のプロデュースなどを手がける。27年間悩み続けた便秘を3日で治した「雑穀」の素晴らしさを広めるべく、雑穀のブランド「美穀小町」を立ち上げる。

濱田美里さん

濱田 美里 さん

2003年 初の書籍「簡単!びっくり!炊飯器クッキング」(主婦と生活社)を出版。炊飯器を使った料理の本は史上初で、累計10万部を超えるシリーズとなる。国際中医薬膳師、国際中医師A級の資格を持ち、現在はテレビ、ラジオ、雑誌、本、新聞、ウェブ、講習会、広告、商品開発など多方面で活躍。

村田裕子先生

村田 裕子 先生

和・洋・中のジャンルを問わず、実践的なレシピをテレビ、雑誌、書籍、新聞、広報誌等で紹介するほか、食品会社および調理器具メーカーの商品開発にも携わる。また、管理栄養士として、「毎日の元気は食生活から」をモットーに、健康とおいしさを兼ね合わせたレシピ開発は、いま一番力を入れている研究テーマ。材料の数々、種類、調理法、調理時間などを工夫しながら、作りやすいレシピを考案する日々。

唐澤弥子さん

唐澤 弥子 さん

「クックパッド おいしい健康」の監修を担当し、献立・レシピ(栄養業務)、コラム、撮影・コーディネート、レシピ開発などを行っている。

本田祥子さん

本田 祥子 さん

2010年、相模女子大学学芸学部管理栄養士専攻を卒業後、金沢工業大学の学生食堂で管理栄養士として勤務。毎日約1500食の大量調理、献立作成などを経験したのち、ファミリークッキングスクールに入社し、料理研究家・浜内千波氏に師事。著書「だしの教科書」「だしのいろは」「お米の教科書」など。

お申し込みはこちら

電話でのお問い合わせ・お申込み営業時間10:00〜18:00 年末年始を除く

自動音声ご利用ガイド