ウォーターサーバーで、おいしいお茶を淹れる方法 | ウォーターサーバーの宅配なら「プレミアムウォーター」

プレミアムウォーターブログ

ウォーターサーバーで、おいしいお茶を淹れる方法


新茶のおいしい季節となりましたが、いかがお過ごしでしょうか?
毎日のリラックスタイムに、おいしいお茶を淹れてほっと一息しませんか?


今月は、プレミアムウォーターのウォーターサーバーを使った、緑茶のおいしい淹れ方をご紹介いたします。


◎おいしい緑茶の淹れ方


【普通の緑茶の場合】

1. 急須に茶葉を入れます。ティースプーン1杯(2~3g)で、1人前です。


2. そこにウォーターサーバーのお湯を直接注ぎましょう。
緑茶を淹れるお湯は、80~90℃くらいが適していると言われています。
プレミアムウォーターのサーバーはお湯の温度が83℃~87℃なので、適温です。


3. 急須のフタをして1~2分蒸らし、静かに湯呑みに注いだら出来上がりです。


【上流煎茶の場合】

1. お茶を淹れる前に、ウォーターサーバーのお湯を湯呑みに注ぎ、湯呑みをあたためておきます。


2. 急須に茶葉を入れます。ティースプーン1杯(2~3g)で、1人前です。


3. さきほど湯呑みに入れたお湯を、急須に移します。
上流緑茶は低温で淹れると上品で甘みのあるお茶になるので、お湯の温度は70~80℃くらいがよいと言われています。
サーバーのお湯を一度湯呑みに入れると温度が10℃程下がり、上流煎茶を淹れるのにちょうどよい温度になります。


4. 急須のフタをして1~2分蒸らし、静かに湯呑みに注いだら出来上がりです。


◎おいしく淹れるためのワンポイントアドバイス


・無理に抽出させようとすると、余分な渋味が出てしまいます。急須をゆらさず、なるべく静かに注ぎましょう。


・急須のお茶は最後の1滴まで注ぎきりましょう。お茶の最後の1適には、旨味が詰まっていると言われています。


・複数の湯呑みに注ぐ場合は、少しずつわけて交互に注ぎ、濃度が均等になるようにしましょう。


◎プレミアムウォーターがお茶にぴったりな理由


・お湯

お茶は注ぐお湯の温度によって、渋味と旨味、そして香りの立ち方が変わってきます。
低温だと香りや渋味が充分に抽出されず、高温だとカテキンが抽出されすぎて苦くなります。


普通の緑茶は80~90℃、上流煎茶は少し低い70~80℃で淹れると、渋味・旨味・香りのバランスがよく一番おいしくなると言われています。


プレミアムウォーターのウォーターサーバーはお湯の温度設定が約83~87℃。


普通の緑茶はウォーターサーバーから直接注ぐだけで適温、上流煎茶の場合は一度湯呑みに入れてから移すとちょうど適温になります。


※ウォーターサーバーによってお湯の設定温度が異なります。


スリムサーバーIII

温水:約85℃

amadana スタンダードサーバー

温水:87℃前後

amadana ウォーターサーバー

温水:87℃前後

cado × PREMIUM WATER
ウォーターサーバー

温水:約83℃

スリムサーバー

温水:87℃前後

スタンダードサーバー

温水:約85℃



・軟水の天然水

プレミアムウォーターは、お茶を淹れるのに適した「軟水」の天然水。
香り高く、色鮮やかなお茶を淹れることができます。


・便利

ウォーターサーバーは、いつでも丁度よい温度のお湯を注げることが特長です。


お湯を沸かしたり、冷ましたりという手間も時間もいりません。
飲みたい時にすぐ、あたたかいお茶を淹れられます。


◎プレミアムウォーターで、おいしい手作りドリンク


もちろん、お馴染みの緑茶だけでなく、他にも様々な飲み物がおいしく作れるのがプレミアムウォーター。


プレミアムレシピでは、ジンジャーゆず茶ドリンクデトックスウォーターなど、プレミアムウォーターで作れる手作りドリンクもご紹介しております。



プレミアムウォーターを活用して
自宅でいつもよりおいしい飲み物を楽しんでみてください。

ページのトップへ

ウォーターサーバーなら、『赤ちゃんのミルク』が簡単に。

blog_milk1


日増しに寒さが身にしみるようになってきましたが、いかがお過ごしでしょうか?


プレミアムウォーターでは、マタニティママ&ベビーママのためのお得なプラン「プレミアムベビークラブ」をご用意しています。


プレミアムベビークラブは、料金からウォーターサーバーの性能など、赤ちゃんとママを応援する内容となっております。


※「PREMIUM Baby Club (プレミアムベビークラブ)」の詳細はこちらをご覧ください。


今回は、ウォーターサーバーを使って、『赤ちゃんのミルク』を上手に作るポイントをご紹介します。


◎ポイント1 ウォーターサーバーは、いつも清潔にしておく。


blog_milk4


生まれて間もない赤ちゃんは雑菌への抵抗力が弱いので、
ウォーターサーバーのお手入れを日常的に行い清潔を保つことが大切です。


[ ウォーターサーバー本体 ]
清潔なふきんや、乾いたタオルなどで汚れを拭きとってください。
[ 冷水/温水コック ]
ほこりなどが付着しやすいので、
濡らしたキッチンペーパーなどでふきましょう。
[ 水受け皿 ]
取り外して中性洗剤でよく洗いましょう。
[ ボトル交換時 ]
差込口周辺に水が溜まっていた場合、清潔なふきんで水をふき取り、
市販のアルコール除菌剤などで消毒してください。


※各種ウォーターサーバーの詳しいお手入れ方法については、こちらをご覧ください。


※「cado×PREMIUM WATER ウォーターサーバー」は、内部の冷水タンクを殺菌する「加熱クリーンシステム」を搭載しているので、合わせてご活用ください。


そして、ミルクを作る前にはよく手を洗い、哺乳瓶や粉ミルクをすくうスプーンは消毒済みのものを使用しましょう。



◎ポイント2 粉ミルクを入れた哺乳瓶に、直接ウォーターサーバーの温水を半分まで注ぐ。


blog_milk3


どのメーカーの粉ミルクにも「必ず70℃以上の温水で作ること」という記載があるのはご存知でしょうか?
これは、粉ミルクを殺菌する必要があるためです。


万が一空気中の細菌が粉ミルクに付着してしまっていても、70℃以上の温水を使うことで殺菌されるため、安全な状態で赤ちゃんに飲ませてあげることができます。
ただし沸騰したての温水は栄養成分を壊してしまうためミルクづくりに向きません。


プレミアムウォーターのウォーターサーバーなら、どのサーバーでも80℃~90℃の範囲内で保温される仕組みになっているため、いつでも最適温で赤ちゃんのミルクを作れます。


※サーバーによって温水の温度が異なりますので、詳しくは各サーバーの商品ページでご確認ください。


ウォーターサーバーから温水を注ぐ際は哺乳瓶が熱くなるので、タオルなどで包むと安全です。


温水を注いだら、泡が立たないように優しく、
哺乳瓶をくるくると回すイメージで粉ミルクを溶かしてください。


◎ポイント3  温水と冷水を調節しながら注いで規定量まで満たし、人肌まで冷ます。


blog_milk2


全て温水で作ると冷ますのに時間がかかりますが、冷水と温水を混ぜて作れば簡単に時短できます。


ここで冷水を入れすぎてぬるくなると、赤ちゃんが嫌がって飲んでくれないことがあるので注意してください。


少し温かめに作り、哺乳瓶の上から冷水を当てて冷ましていきましょう。


哺乳瓶の先から手首の内側などにミルクを1滴垂らし、少しあたたかいと感じるくらい(38℃~40℃)になったら、完成です!


《注意点》

作った後2時間以上が経過したミルクは、必ず捨ててください。
作り置きもNGです。
繊細な赤ちゃんには、毎回作りたてで安全なミルクを飲ませてあげてくださいね。



いかがでしたでしょうか?
ウォーターサーバーを使うと、いつでも手早く安全なミルクが作れるのでとってもオススメです♪
さらに、プレミアムウォーターは軟水の天然水なので、赤ちゃんの体にも優しいんです。


これからすくすく育つ赤ちゃんには、おいしい天然水で、安全なミルクを飲ませてあげてください!

ページのトップへ