ウォーターサーバーの宅配なら「プレミアムウォーター」

  • 電話でのお問い合わせ・お申し込み 新規のお客様はこちら ご利用中のお客様はこちら
プレミアムウォーターブログ

いつもより美味しい、ふっくらご飯を

秋も深まり、朝夕は冷え込むようになってまいりましたが、
皆様、いかがお過ごしでしょうか。



読書の秋、スポーツの秋、芸術の秋…
いろいろな秋を過ごされているかと思いますが
忘れてはならないのが、「食欲の秋」ですよね!


秋ならではの食材も多く、毎日の食事が楽しくなるこの季節。
旬の食材をより美味しくいただくために、ご飯は欠かせない存在です。
今回は、プレミアムウォーターを使った
「いつものご飯がより美味しく、ふっくらと炊きあがるポイント」
3つご紹介いたします!



◎ポイント1 洗米、お米へ一番はじめに加える水は「プレミアムウォーター」


togu


お米は最初の水を一番吸収しやすくなっているので、
プレミアムウォーターを使ってみましょう!

水を加えたのちさっと混ぜ、表面のぬかを落とします。
洗米はすばやく行うこともポイントの一つです。
またご飯を美味しく炊くには軟水がよいといわれています。

軟水とは硬度が0~100mg/lの水を指しますが、
プレミアムウォーターの硬度は富士吉田25mg/l、南阿蘇 36mg/lと超軟水です。
そのため、お米との相性がばっちりなのです!



◎ポイント2 お米を研ぎすぎない。


senmai


研ぎ水に全く濁りがなくなるまで研いでしまう、力強く研いでしまうなどは、
お米が割れてしまいます。お米のうま味や栄養素が損なわれてしまいます。
研ぎ水は少し濁っているくらいにしておきましょう。



◎ポイント3 夏場は30分、冬場は1時間、浸水させましょう。


tkimizu


時間はかかってしまいますが、このひと手間で炊きあがりのツヤがかわります!
またプレミアムウォーターで炊くことにより、いつもよりふっくらと炊きあがり、お米本来の旨みが引き出されます。



 <さらに美味しく食べるコツとして>


・お米の1合を丁寧に測ることで水加減での失敗を防げます。
・炊き上がりましたらすぐに、しゃもじでご飯を十字に切りほぐします。
ご飯にある余分な水分をとばすことにより、べたつかないご飯に仕上がります!
・余ってしまうご飯の保存方法は、熱いうちに1人前を小分しラップに包み冷凍しましょう。


いかがでしたか?
ご自宅で簡単にお試しいただけますので、
プレミアムウォーターを使った「いつもより美味しい、ふっくらご飯」
お楽しみください★

ページのトップへ